Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の買物
  4. 本家も真っ青なほどそっくりな電気ケトル「BAILEFU」

本家も真っ青なほどそっくりな電気ケトル「BAILEFU」

小さくて美しい電気ケトルとして有名な「BALMUDA THE POT」。
日本で購入した場合100v対応なので、上海で使う場合変圧器が必要。最大1200wなので、少し余裕を見て(1.5倍くらい)1500w or 2000wの変圧器となるとかなり大きくキッチンスペースを占領してしまう。

中国で240v対応の電気ケトルを探していたら。。ありました。そっくりさんの「BAILEFU」(百楽富)。

最初はOEMかな?とも思ったのですが、本家は台湾製造。BAILEFUは中国製造。ここまでデザインがそっくりでもだいたいスペックが落ちるもの。
ところが、作りもしっかりしているし、沸騰して「嫌な臭い」とかもなく普通に使えそう。さすがに耐用年数までは買ったばかりでわかりませんが、価格が200元台ということもあり十分なスペックなのではないでしょうか。

ネオン管を使った電源ランプもそっくり(笑)

内部の作りもしっかりしてました。

さっそく大好きな3/3(スリーサードコーヒー)のマンダリンを淹れて見ました。

今回購入したのは注ぎ口が少し太めのタイプ(左から2番目)ですが、本家そっくりの細口タイプもありました。

 

コーヒーブーム(!?)な上海。京都発の「% Arabica」や東京発の堀口珈琲など、選択肢が増えて大変重宝しています。
豆乳を片手に通勤する人は随分少なくなり、珈琲片手にオフィスビルへ出勤する人が増えたと思いませんか?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、weiboでは動画配信中。。

関連記事