Pet Transport

中国でも

大切な愛犬・愛猫と

暮らしたい。

ペットの中国入出国。たくさんの情報を集めても、不安はつきもの。
トランジットアジアでは経験豊富な実績とノウハウで、確実に渡航できる準備をお客様と一緒に手続きします。
担当者もみな、犬好き猫好きなスタッフが対応しています。

日本からのフライト約3時間

人間の3倍速で生きていると言われるワンちゃんにとって、たった3時間のフライトでも人間の9時間相当のフライトを感じているかもしれません。
できるだけ不安のないフライトにしてあげたい。飼い主様の不安はすぐに感じとるかもしれません。トランジットアジアのペット輸送は段取り8分。お客様と相談を重ね、お客様ご自身の不安を取り除くことを大切にしています。

エアラインも選ぶべき

日本発、中国発のエアラインはたくさんありますが、私たちトランジットアジアがついついお勧めしてしまうエアラインがございます。
弊社の実績やお客様のお声を蓄積し、ノウハウとしてお客様へはご提案しています。小型犬なら機内可、手荷物扱いでもちゃんとケア、事前の諸手続きや空港での手続きが早い、などそれぞれエアラインにより特徴があります。

PLAN PRICE

ご利用料金のご案内

中国(上海・北京)へ渡航が決まった日から、新居で迎えるまで
トランジットアジアと一緒に手続きを進めていきましょう。

お客様にとっては1回だけの移動ですが、トランジットアジアでは何十回とその移動手続きを対応いたしました。
たくさんの経験と実績は、お客様のご不安ご心配を、安心に変えます。

中国入国エントリーサービス

RMB2,850

/ 匹(税別)

○ 入国時の検疫手続きサポート
○ ご自宅までの搬送
○ 日本人または日本語対応
日本以外の国からの入国も対応
中国国内トランジットサービス

RMB2,500

/ 匹(税別)

○ ワクチン接種立会い
○ 検疫消毒証明取得立会い
○ 国内線チェックイン立会い
○ 日本人または日本語対応
中国出国エグジットサービス

RMB4,500

/ 匹(税別)

○ ワクチン接種立会い
○ 出国検疫申請代行
○ 国際線チェックイン立会い
○ 日本人または日本語対応
その他サービスと料金
日本出国手続き代行 出国前の手続きご案内、検疫申請など(提携会社) JPY50,000-
時間外費用 出入国や検査所手続きが土日祝祭日や時間外の場合 RMB500-
抗体価検査費用 日本または欧州の検査施設への血清輸送と検査費用 RMB3,000-
車両搬送費 ご自宅から動物病院や空港間の車両送迎 RMB350-
係留回避費用 最短到着日翌日に自宅へ搬送する係留フリー手配 別途お見積もり

お申し込み前のご注意事項

入出国のサービスは上海(浦東・虹橋空港)及び北京(首都国際空港)のみの対応となります。
近郊都市(蘇州、杭州、無錫、南通、南京など)へのご移動でも上海から入国される場合は対応いたしております。
日本から中国へのご移動に関しては、日本出国手続き代行(JPY50,000-)及び中国入国エントリーサービス(RMB2,850-)を一貫してのみ承っております。
マイクロチップ費用、ワクチン費用、航空運賃や超過手荷物費用など、動物病院や血清検査機関、航空会社などの費用は別途実費お客様にてご精算をお願いします。
入出国日及び時間が営業時間外や土日祝祭日の場合、別途時間外費用を申し受けます。
弊社では、飼い主様がワンちゃん(またネコちゃん)と一緒の飛行機で中国に連れて来るまたは連れて帰ることを前提としております。
ご事情等により、弊社スタッフによるペットの航空機でのハンドキャリー等が必要な場合、搭乗区間の往復交通費や出張人件費等を申し受けます。
現在一部の到着空港にて諸条件により係留回避(最短中国入国日翌日にご自宅まで搬送)の手配が可能です(別途費用)。
ご希望の場合はお問い合わせページよりご連絡ください。
係留回避手配は、これまで98%程度が成功しております。しかしながら法制度の変更やお客様の渡航日程、空港管理規定の変更等により手配できかねる場合もございます。
弊社の係留回避手配は係留を必ず免除されることを保証するものではありません。予めご了承の上、ご相談ください。

知っておくと便利なTIPS

国際間の輸送や、ワクチンのこと。渡航のこと。
知っておくだけで便利なちょっとした豆知識をご案内します。

ケージ(バリケン)のこと
機内持ち込みはソフトケージ、預け荷物扱いはハードケースが基本です。また国際航空貨物運送協会(IATA)準拠のケージの準備は必須です。各エアラインにもそれぞれの規定がありますので、お持ちのケージが搭乗予定のエアラインに適合するか予約前に必ず確認しましょう。ケージの準備がこれからの方は、トランジットアジアへお問い合わせ下さい。当社推奨のケージをご案内いたします。

エアラインのこと
年々少なくはなってきていますが、小型の犬猫の場合に限り機内座席に落ち込む事が可能なエアラインもございます。
ソフトケージの大きさや体重体格により規定範囲内か確認しましょう。預け荷物扱いよりは安心です。
日系航空会社は全て受託手荷物扱いでの搭乗となりますが、エアラインや時期により受託不可な犬種などもございます。

狂犬病予防ワクチンのこと
中国では日本と同様にワンちゃんを飼う場合、狂犬病予防ワクチンを1年に1回定期接種することが義務付けられています。ペットブームの影響でたくさんのペットショップや動物病院がありますが、将来日本へ連れて帰ったり他の国へ移動がある場合など、出国のための狂犬病ワクチンは一部の指定動物病院で接種したワクチンのみ有効とみなされています。1年に1回の事なのでついつい忘れがちなワクチン接種ですが、定期接種を怠ると出国準備に期間を要す場合もございますので、確実に定期接種をしましょう。

出国手続きの準備のこと
中国から日本へワンちゃんネコちゃんを連れて帰る場合、様々な手続が必要です。その第一歩がマイクロチップの装着。第一歩から出国できるまでに半年以上の期間が必要ですので、普段から事前準備だけでも済ませておくと、いざ帰国(出国)となっても短い期間でスムーズに手続きが可能です。どのワクチンを接種すれば良いのか、またどこの動物病院に行けば良いのか、とご不安がある場合はトランジットアジア の専門スタッフにお問い合わせください。

養犬登録のこと
上海市/北京市でワンちゃんを飼う場合、居住都市の行政機関へ登録が必要です。登録にはマイクロチップの装着や狂犬病ワクチンを接種した後に、お住まいの不動産契約書等を持参し登録します。都市やお住まいエリア及び去勢手術等の有無により登録費用は異なりますが、300〜1000元/年が必要です。思わぬトラブルに巻き込まれないように、ワンちゃんを飼いはじめた方や海外から連れてきたら忘れずに登録しましょう。

ペットへの考え方
国が違えば文化が異なるように、ペットへの考え方も中国と日本では大きな差があるようです。中国でペットを飼い始めまず驚くことは散歩時の始末がとっても悪いこと。またリードを着けない飼い主さんも散見します。一方で躾に関しては成犬になる前にしっかり行っている飼い主さんが多く、吠えたりするワンちゃんは少ないです。日本から来ると様々な面でちょっと驚いたりもします。

係留施設のこと
係留施設は空調完備の個室で獣医師や飼育係りが常駐しています。朝晩の散歩や掃除、フードの提供などはあります。しかしながら飼い主様と離れた環境やフードと水の変化などワンちゃんネコちゃんに与えるストレスはとても大きいのも現実です。日本から連れて来た場合は7日間の係留措置が義務付け(2018年12月現在)られていますが、2019年を目処に狂犬病非発生国から一定の条件を満たしたワンちゃんネコちゃんは係留措置がなくなる制度変更が予定されています。