引越しの「トランジットアジア」 – 「モノ」も「ココロ」もRe・Startt ! 上海・北京の引越会社「トランジットアジア」は市内・国内・海外引越とペットの中国入出国を専門にした日系引越業者です。中国への赴任が決まったら、日本への帰任が決まったら、「生活を運ぶ」引越会社「トランジットアジア」にお任せ下さい。
引越しの新しいカタチ
生活を運ぶトランジットアジア

トランジットアジアの新しい引越しスタイルは
お客様の生活そのものを運ぶ引越しサービス
新生活に向けお客様にポジティブな感動を提供し続けます

WEB見積り
ドッグランへ行こう!

トランジットアジアでは、6月24日(日)浦西、浦東エリアからチャーターバスで「日帰りドッグラン」を決行します!

詳しくは
引越しを変える
トランジットアジアの全てはここから

あたたは人生で何回引越すでしょう?
ひとつひとつの引越しに、たくさんの想い。
大切に運びたい。楽しい新生活が始まるように。

お客様へ

新生活へ向けた引越し準備。生活を見つめ直してみませんか。

荷物を片付けたい。減らしたい。お気に入りの家具を買って新居へ。しっかりスケジュールを立ててスムーズな海外引越しを。
次の新生活に向けて、トランジットアジアの新生活引越しアドバイザーがご希望を伺いお客様の引越しを成功させます。
引越したその日から、負担のない新生活をスタートしよう。

上海・北京市内引越

引越しの数だけ引越しの理由がある。家賃値上がり、大家さんからの突然の退去依頼。
もっと快適な住宅へ。全てのお客様へ、日本と変わらない引越しサービスを提供いたします。

中国国内引越

上海・北京から中国国内各都市への引越しサービスはチャーター便の強みを生かしたスピードでお応えします。例えば上海から北京なら最速翌々日にお届けします。

海外引越(世界66ヵ国へ)

ご帰国や他国への移動。引越し前はみなさま本当に慌ただしい。トランジットアジアの海外引越しは、諸手続きが簡素化され出国日前日でも引越し手続きができます。

格安シー&エアー宅配便

「船便より早く」「航空便より安く」を追求した格安エアー宅配便は、お荷物の少ない単身者様や学生の皆様のためのパッケージサービス。
手続きも手間いらずで、お電話一本でご自宅までお荷物のお引取りに伺います。さらにお得な格安シー宅配便も。

事務所移転

オフィス移転は組織力。移転作業のスケジューリングから、ビル管理会社との折衝まで。
ワンストップサービスで対応いたします。

WEB見積り

引越しの準備は見積りから。お忙しいお客様はWEBで見積りができます。
概算費用の確認から、各種ご相談まで、カスタマーサービス部門がお応えします。

ペットの入国や出国も実績No.1のトランジットアジアへ

中国赴任になっても大切な愛犬・愛猫も一緒に渡航したい。日本での手続きから中国入国検疫手続きまで、担当スタッフがご相談に応じます。
一部の空港ではゼロ係留手配も可能です。
帰国の手続きはもちろん、中国国内移動も対応しています。

ペットの入出国

中国入国手続き

日本での出国準備から中国入国検疫手続き、ご自宅への搬送まで手続きを知り尽くしたスタッフがご相談に応じます。
もちろん入国後の動物病院やペットショップのご紹介。渡航前から担当者がしっかり打ち合わせします。

中国国内移動

中国各都市間の移動も悩みの種。広大な中国は上海北京間でも1300km。トランジットアジアでは飛行機または車両での搬送サービスを行っています。お預かり後、早朝便なら午後にはお届け。もちろんお客様と同じフライトでの手配も可能です。

中国出国手続き

いざ帰国。突然の帰国でもトランジットアジアなら素早く対応。トランジットアジアと一緒に準備を進めよう。 複雑な検疫手続きも、担当スタッフにお任せください。中国側では、飛行機搭乗までお手伝いいたします。

お客様のお声

  • YAMADA 様 羽田から北京へ

    トランジットアジアさんのサポートで2018年3月に東京羽田空港から北京空港に猫のフク(2歳♂)と到着しました。 当日午後2時頃、北京空港に着きそこから検疫の為トランジットアジアさんにフクをお預けし当日の夜9時には無事 私たちの元に連れてきて...

  • T 様 日本から上海&上海市内

    トランジットアジアさんには、主人の上海赴任時、家族帯同時、上海市内での引越しが2回と、もう4回お世話になっています。 主人の上海への赴任時は、初めての海外への引越しで不安もありましたが、見積もりに来て下さったスタッフの方が気さくに相談に乗っ...

  • FUKUTE 様 南通市から静岡へ

    トランジットアジアさんのサポートのもと2017年11月18日に上海浦東空港から成田空港に柴犬(4歳♀)と帰国いたしました。 2016年3月江蘇省南通市に当時2歳の柴犬と赴任いたしました。2017年3月に本帰国の予定で2017年1月に狂犬病予...

REVIEW 一覧