Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の生活
  4. 日本からの上海に送った郵便局の船便で荷物が止められた。どうすればいい??(2019年6月現在)

日本からの上海に送った郵便局の船便で荷物が止められた。どうすればいい??(2019年6月現在)

(更新記事:2016/08/12 →2019/06/25)

==2019年6月現在、EMSの通関手続きや引き取り場所は頻繁に変更されております。==
==お手続の際は、税関通知書類記載の手続き場所をご確認ください。==
==トランジットアジアでは、有料によるEMS通関手続き代行サポートは現在行っておりませんが、平日営業時間内に限りお電話でのお手続きご相談、通訳を無料でサービスさせて頂いております。日本からの郵便物でお困りの場合、トランジットアジアオフィスまでご連絡ください。==

引越しの「トランジットアジア」北村です。

暑い日が続きますね。

日本はお盆ウィークに入ってますが、上海では通常業務。みなさんお疲れ様です。

以前と日本から送ったEMSが税関で引っかかった場合についてご案内させて頂きましたが、

今回は、郵便船便が引っかかってしまいました。

税関でひっかかると、郵便局から手続きに来る様にと連絡が来ます。

必要なのは、
1.受取人のパスポート原本と顔ページ、最近の入国印のページコピー二部(現地でもコピーするところありますが、1元/枚です)
2.代理人が行く場合は、代理人の身分証明書原本とコピーもしくはパスポート原本   とコピー(顔ページ、最近の入国印)二部
3.EMSから届いた伝票です。

EMS以外(SAL、船便等)ですと、

虹橋の空港六路199号です。

10号線の虹橋空港1号航站楼からも行けなくはないですが、駅から歩いて15分から20分は掛かります。

この門を入って行くと

が目立ってますが、こちらでは無く右側の

この建物になります。

で入って、

ここで、申請表をもらいます。流れも書いてますが、

場所が微妙に違います。

色々と改修してたので、また変わってるかも???

こんな申請表です。

見本の通りですが、

赤字部分が記載箇所です。

上段は、パスポートナンバー、受取り人の名前、パスポートナンバー、住所と電話番号、

番号の書いてある所には、送った 品名、数量、価格をそれぞれ記入

中段は、手続きする人の名前、パスポート(身分証)番号、電話、日付を記入

で、記入した申請書と資料一式持って、1番から3番のカウンターへ。

ここで受付すると番号札をくれます。

で、

4番の窓口あたりで、番号表示されるのを待ちます。

表示されたら、カウンターへ行き、資料、パスポート、パスポートコピーを提出

で、そこで名前呼ぶまで待って。と言われます。

呼ばれたら、ここに行きます。

(この時、名前なぜか良子で呼ばれました。実際は良平です。わざとか????)

税金かかる物あればここで支払、税金納付書をもらいます。

で、また別のカウンターで名前呼ばれるの待つように言われます。

で待つこと数分

呼ばれたのですが、なぜか10人位まとめて呼ばれました。

で、

結構歩かされて、違う新しい建物へ!

こちらで、また名前呼ばれるまで待って。

呼ばれたら、やっとお荷物出てきました。

今、改修してるみたいなんでこんな感じなのかと思いますが、EMSの手続きに比べてちょっと手間かかりました。

結構時間かかるので、やはり朝一(8時半)から行くのをおすすめします。

また、中国語わからないと現状ちょっと厳しいかもです。

==2019年6月現在、EMSの通関手続きや引き取り場所は頻繁に変更されております。==
==お手続の際は、税関通知書類記載の手続き場所をご確認ください。==
==トランジットアジアでは、有料によるEMS通関手続き代行サポートは行っておりませんが、平日営業時間内に限りお電話でのお手続きご相談、通訳を無料でサービスさせて頂いております。日本からの郵便物でお困りの場合、トランジットアジアオフィスまでご連絡ください。==

関連記事