Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の生活
  4. 上海の生活 中国生活基本注意情報2

上海の生活 中国生活基本注意情報2

前回投稿のの続きとなります。

以前よりだいぶ少なくなってますが、色々と考えつきますね。

昔、深圳にいた際には睡眠薬強盗など命の危険もあるものもありましたが

上海ではまだ治安がしっかりしているようには感じます。

それでは、続きです。

3.西蔵?の漢方薬売り

これは、よく見かけられるかと思いますが、虎の手など(おそらく偽物)を置いて

道端で置いて売っています。

最近、虎の爪だけを切って、キーホルダーにして売りつけようとしていることが

ありますが、20元、10元などと声をかけてきます。で、興味を示すとすごい勢いで

あれもつける、これもプレゼント。と売り込みが始まります。

ここで注意すべきは、上記の値段ですが、キーホルダー一個の値段ではありません。

10元ならと買おうとしたところで、

一番いいとこ切ってやろう。と言われて持っている虎の足をのこぎりでギコギコ切はじめます。

こうなると、厄介です。10元というのは、キーホルダー一個の値段ではなく、1グラムだかなんかの単価で計算されます。

で、あまりに高いので、いらないと言うと、既に切ってしまって他の人に売れなくなった。

ということで、買えといわれますが、このころには、周りに仲間が集まっています。

話を聞いた人の場合、値段をだいぶ安くしてもらい、支払ったようですが、

そんなにお金持ち歩いてたんですか?という位の金額を支払ったようです。

これらは、相手にしないことが一番いいと思いますが、どうしても欲しい場合

先の交渉をしっかりすることが必要かと思います。

どうせ偽物ですので、買わないことをお勧めしますが。

 

このシリーズでは、新疆地区の方に見える方のフルーツが表面についているケーキ

を切って売るもの(これは金額比較的低いようです)も切った後で、高いと抗議しても

切ってしまったから、買えといわれるパターンもあるようです。

4.日本語教えてください。日本語上達のためにお話ししてください。いいお店紹介します。マッサージします。一緒に飲みましょう。などの路上でのお誘い

これは、日本領事館さんからも注意喚起出てるくらいですので、今更ですが、

南京路とか、有名なホテルの周りに多いかと思いますが、簡単にホイホイついていくと

ぼったくりバーや、怖いところに連れて行かれ、会計の際に怖い人が出てきて。ということになります。

こちらは、みなさんすでにご存じかと思いますので、簡単にしておきます。

知らない人に日本語で声かけられても(どんなにかわいい子が声かけてきても)無視するのが安全かと思います。--ほんとに純粋に声をかけてくる人もいるのでは?というのは

路上ではほぼないかと思いますので、気を付けてください。

5.お坊さん

これは、もしかすると詐欺ではないのかもしれませんが。

よく、黄色い袈裟を来たお坊さんから、あなたの顔には縁を感じる、福気、仏相がある

等声をかけられますが、それでお札を渡されます。その際に気持ちでいいからお布施くださいと言われます。

なんか悪い気しないので、いくらくらい?と聞くと結構いいお値段行ってきます。

いらない。といっても結構しつこいです。

もしかすると、詐欺とは言えないかとも思いますが、お守りに何百元か払われている方も

いらっしゃるので、信じられる方は別として、警戒した方がいいかと思います。

これは、私自身の体験ですが、あるお寺で、あなたにはものすごく仏の縁があるように

感じる。と言われ、最終500元くらいで小さい仏像をもらい?ました。

中国奥地の有名なお寺で、結構いい表情されているので、なんかいまだに捨てられず、持っていますが。

これは、どうなんでしょう??いまだに騙されたのかどうかもわからず、なんか捨てるに捨てられないです。(10センチくらいの結構重いものです)

まだまだ、他にもあるかと思いますが、本日はこのくらいにしておきます。

興味があるのは、よくリュックを背負った二人組の女性に、今何時ですか?とか

携帯貸してもらえませんか?はたまた、パン買って。とか言われるのですが、

これは、何を目的にしているのでしょうか?(同じ場所で何組かがローテションでいるみたいです)

ずっと同じことしてるので、なんかしら騙しかと思いますが。

どなたか、経験された方いらっしゃいますでしょうか?

また、機会をみて他の事例アップさせていただきますが、

何か情報ございましたら、教えて頂ければ幸いです。

290

関連記事