Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の出張
  4. 贛州市出張!~街並み編~

贛州市出張!~街並み編~

引越しの「トランジットアジア」クロパンです。

まず、贛州市ってどこ??ってところからお話します。

贛州市は江西省の南にある都市です。

人口は926.7万人(2012年)。今は1000万人くらいいるのかな。。。

江西省にある都市の中では一番人口が多いらしいです。

中国の発表する人口は正しいか微妙なところがあるので、もっといるかもしれませんね。

私も中国のいろいろなところに行きましたが、ここは初めてです。

空港があるので、便利と言えば便利ですが。。。

ちなみに上海虹橋から1日1便のみ飛行機飛んでます。(詳細は後日、~空港編~で。。。)

そんな贛州市ですが、まずは街並みの写真から。。。(一部ですよ)

こちらは文清路という通り。(嘘か本当か一番賑やかだとか。。。タクシー運転手情報)

確かにいろいろお店はありますが。。。


こちらも文清路。ちょっと歩いたら少し中国っぽさがある(若干上海の豫園に似た感じ)建物を見かけました。

一番上の写真の左手にある大きな建物はホテルです。

こちらは温州街というストリート。(歩いてたら目に入ったので写真撮りました)

温州街の中です。う~ん、微妙です。

何故温州街というのかわかりません。。。

(ちなみに温州とは中国浙江省にある都市です)

こちらは場所が変わって、九方购物中心という、いわゆるショッピングセンターです。結構大きく、映画館なんかもありました。

ありがちですが、ケンタッキーや味千拉麺も入ってます。

写真撮ってないですが、ZARAなんかも入ってました。

なぜか気になったお店。名前は「炸鸡情侣

炸鸡は日本語で言えば「鳥のから揚げ」、情侣とは「恋人同士、アベック」の意味です。

恋人同士でから揚げを食べる店?なんですかね。。。

気にはなりましたが、1人だったので入りませんでした。

本当に言葉通りの店だったら、完全浮いてしまいますからね。。。

そして、私、贛州市の街を歩いて気づきました。

コンビニが無いんです。。。

いわゆる、ファミリーマートやセブンイレブン、ローソンといったコンビニだけではなく、上海でも多く見られる中国系のコンビニも含めて。

本当に無いのか?1時間以上歩いて1件だけ見つけました。

それがこれ↓↓

一瞬「セ◎ンイレ◎ン」かとも思いましたが、違いました。。。

しかも小さい。

だけど、見つけたのはこれだけです。

と、とても普通で小さい都市っていった感じです。

(次回は少し風景を紹介しますが。。。)

こんな小さい都市ですが、 日系企業が6社入ってるそうです。

ちょっとビックリしましたが、理由を聞いて少し納得。

この贛州市、特に取り柄もなく、日本人からしてみれば住みづらい都市ですが、ここはレアメタル、希少金属が採れるそうです。

ちょっと調べましたが、「タングステン」と呼ばれる金属の産出量が世界第一位、そして「レアアース」と呼ばれる元素の産出量が世界第二位だそうです。

なんか「レアアース」ってニュースで聞いたことがあります。。。

こういうのって調べないとわからないし、ましてはここに来ることが無ければ、一生知らなかったかもしれませんね。。。

そうは言っても、日本料理の店(専門的な店)はなく、日本食材も恐らく買えない、コンビニもない、と初めて中国で生活する方には厳しい環境。

正直、私も中国にはだいぶ慣れている方ではありますが、それでも生活するのは大変だろうなって感じました。

それでも頑張っている日本人がいるんです!

今回はそういった方たちを、何かの形で応援できればなって感じた出張でした。。。

関連記事