Pet Transport

中国でも

大切な愛犬・愛猫と

暮らしたい。

ペットの中国入出国。たくさんの情報を集めても、不安はつきもの。
トランジットアジアでは経験豊富な実績とノウハウで、確実に渡航できる準備をお客様と一緒に手続きします。
担当者もみな、犬好き猫好きなスタッフが対応しています。

日本からのフライト約3時間

人間の3倍速で生きていると言われるワンちゃんにとって、たった3時間のフライトでも人間の9時間相当のフライトを感じているかもしれません。
できるだけ不安のないフライトにしてあげたい。飼い主様の不安はすぐに感じとるかもしれません。トランジットアジアのペット輸送は段取り8分。お客様と相談を重ね、お客様ご自身の不安を取り除くことを大切にしています。

エアラインも選ぶべき

日本発、中国発のエアラインはたくさんありますが、私たちトランジットアジアがついついお勧めしてしまうエアラインがございます。
弊社の実績やお客様のお声を蓄積し、ノウハウとしてお客様へはご提案しています。小型犬なら機内可、手荷物扱いでもちゃんとケア、事前の諸手続きや空港での手続きが早い、などそれぞれ特徴があります。

PLAN PRICE

ご利用料金のご案内

渡航が決まった日から、移動後に新居で迎えるまで
トランジットアジアと一緒に手続きを進めていきましょう。

お客様にとっては1回だけの移動ですが、トランジットアジアでは何十回とその移動手続きを対応いたしました。
たくさんの経験と実績は、お客様のご不安ご心配を、安心に変えます。

中国入国エントリーサービス

RMB2,850

/ 匹

○ 入国時の検疫手続きサポート
○ ご自宅までの搬送
○ 日本人または日本語対応
中国国内トランジットサービス

RMB2,500

/ 匹

○ ワクチン接種立会い
○ 検疫消毒証明取得立会い
○ 国内線チェックイン立会い
○ 日本人または日本語対応
中国出国エグジットサービス

RMB4,500

/ 匹

○ ワクチン接種立会い
○ 出国検疫申請代行
○ 国際線チェックイン立会い
○ 日本人または日本語対応
その他サービスと料金
日本出国手続きのご案内 出国前の手続きご案内、検疫申請など(提携会社) JPY50,000-
時間外費用 出入国や検査所手続きが土日祝祭日や時間外の場合 RMB500-
抗体価検査費用 日本または欧州の検査施設への血清輸送と検査費用 RMB3,000-
車両搬送費 ご自宅から動物病院や空港間の車両送迎 RMB350-
係留回避費用 最短到着日翌日に自宅へ搬送する係留フリー手配 別途お見積もり

お申し込み前のご注意事項

マイクロチップ費用、ワクチン費用、航空運賃や超過手荷物費用など、動物病院や血清検査機関、航空会社などの費用は別途実費お客様にてご精算をお願いします。
入出国日及び時間が営業時間外や土日祝祭日の場合、別途時間外費用を申し受けます。
弊社では、飼い主様がワンちゃん(またネコちゃん)と一緒の飛行機で中国に(から)連れて来る(帰る)ことを前提としております。
ご事情等により、弊社スタッフによるペットの航空機でのハンドキャリー等が必要な場合、搭乗区間の往復交通費や出張人件費等を申し受けます。
現在一部の到着空港にて諸条件により係留回避(最短中国入国日翌日にご自宅まで搬送)が可能な場合がございます。
ご希望の場合はお問い合わせページよりご連絡ください。
係留回避手配は、これまで98%程度が成功しております。しかしながら法制度の変更やお客様の渡航日程、空港管理規定の変更等により手配できかねる場合もございます。
弊社の係留回避手配は係留を必ず免除されることを保証するものではありません。予めご了承の上、ご相談ください。

知っておくと便利なTIPS

国際間の輸送や、ワクチンのこと。渡航のこと。
知っておくだけで便利なちょっとした豆知識をご案内します。

ケージ(バリケン)のこと
機内持ち込みはソフトケージ、預け荷物扱いはハードケースが基本です。また国際航空貨物運送協会(IATA)準拠のケージの準備は必須です。各エアラインにもそれぞれの規定があります。エアライン予約前に必ず確認しましょう。

エアラインのこと
年々少なくはなってきていますが、小型の犬猫の場合に限り機内座席に落ち込む事が可能なエアラインもございます。
ソフトケージの大きさや体重体格により規定範囲内か確認しましょう。預け荷物扱いよりは安心です。

狂犬病予防ワクチンのこと
日本と中国では、狂犬病ワクチンは1年に1回接種することとなっています。ワクチンの使用期限(ワクチンシールなどに記載)とは異なります。
中国滞在中も有効な免疫状態を継続するために1年に1回接種しましょう。

スタッフコメント

日本からの出国検疫手続き、航空会社スペース確保、到着後の係留や自宅までの搬送まで、トランジットアジアスタッフがサポートしています! 渡航前の慌ただしい中、飼い主様の不安をワンちゃんは感じてしまうかもしれません。トランジットアジアまでご相談ください。メールのみでのご相談は無料で対応いたしております。

スタッフコメント

実は。。意外に大変なのが、中国での都市間移動です。情報が少なく手続き方法変更が頻繁に起こることと、エアラインの機材により制約も多くあります。取り扱い経験の多いトランジットアジアでも、毎回バタバタしてしまいます。

スタッフコメント

いよいよ帰国の時。ワンちゃん、ネコちゃんの帰国までの諸手続き期間は最大で217日間必要なんですよ。前もって準備をしておくと、いざ帰国の時も帰国日から40日前の対応で出国可能です。いつ帰国になるかわからないから、早めの準備。ぜひご相談ください。

トピックス

2018年からウサギの帰国手続き(上海のみ)代行を始めました。ウサギの帰国までの諸手続き期間は最大で60日間必要です。これまで日本に連れて帰れないからと諦めていた方に朗報です。上海から日本へ連れて帰れます!