上海の文化 古き良き! =上海郵政博物館= – 引越しの「トランジットアジア」

上海の文化 古き良き! =上海郵政博物館=

上海の文化

引越しの「トランジットアジア」能勢です。

先日、ある仕事先から帰る途中で、「上海郵政博物館」というのを見つけました。

郵政とは郵便事業を行っている公共事業体、日本で言えば郵便局ですね。

こちらがその入り口。江沢民の名前が入ってました。そのままですが、江沢民が建設したんですね。どんな博物館なのか気になって入ってみました。

入口に入ると立派な階段が。。。石は大理石?(勝手な思い込みです)

すぐ中が見えない、、、期待しながら階段を上ると。。。

第一印象⇒広い!!!

すぐ博物館があるのかと思いきや、こちらまだ普通の業務も行っておりました。

郵便局兼博物館。

そして、感動したのはこちら。。。

この窓口!恐らく昔はこんな窓口だったんですね!

以前、古い時代を舞台にした中国のドラマや映画でこんな窓口があるシーンを見たことがあります。

何も用事はないんですが、使いたくなります。

フロア内にはこんなレトロな郵便ポストもありました。

日本でも「古き良き」という言葉がありますが、まさに言葉通り。

とても趣があり、味があります。

さて、博物館はどこに???

ところが残念。博物館が開いているのは水、木、土、日の週4日。

そして、この日は月曜日。結局、見学することができませんでした。

今度、博物館が開いているときに是非行ってみようと思います。

その時は、第2弾としてブログに掲載します!

【上海郵政博物館はこちら↓】
虹口区天潼路395号(近四川北路)
(021)63250855
地下鉄10号線「天潼路駅」を降りて徒歩5分。

The following two tabs change content below.
能勢 淳
初めてお会いした方からにはよくどこの国の方ですか?とか、いきなり中国語で話しかけられることがよくありますが、こう見えても東京生まれの中国語が得意な日本人です。主に引越し現場の作業スーパーバイズを担当していますが、何でもこなせる引越しマンになる為、日々頑張ってます!現場でお会いした際、ご相談、ご要望ありましたら、お気軽に声をかけてください!日本語で。。。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索