【整理収納】トランジットアジア が推奨する整理収納生活設計とは。

#お知らせ

住まいの環境や毎日の生活は充実していますか?

現代社会には、「物欲」がふつふつと湧き出る機能性に富んだ「モノ」やデザインの素敵な「モノ」が街中に溢れています。
思わず「かわいい!」、「かっこいい!」とか「安い!」などの衝動買いしてしまった経験。みなさんありますよね。

かつて昭和60年代に家電の三種の神器と言われた「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」が無いご家庭が、現代ではどのくらいいるでしょうか。

多くの家庭で当たり前のようにあるこれらの家電以外にも、たくさんの「モノ」で家の中が溢れていませんか。
思考の多様性が進み、昨今では「ミニマリスト」なる「モノ」を持たない事を選択した方もいらっしゃいますが、まだまだ少数派ですし、現実的な日々の生活では「モノ」が必要な事も事実です。

但し、モノに生活を支配されてしまい、気づかないうちに「本来の自分らしい生き方」を見失っている人が多いのも事実です。

例えば出かける前に「あれがない、これがない」とモノ探しをしていたり、たくさんの洋服があるがゆえに、「どの服を今日は着ようか」と選択している時にいつも袖を通さない服がある事に気づいてしまいちょっと残念な気持ちになったり。

トランジットアジアは引越しの会社ですが、毎日の引越しの中でたくさんのお客様が所有する「モノ」に様々なお困りごとがあることに気づきました。
そして、整理収納アドバイザーやライフオーガナイズなどの資格を取得したり、スキルアップを続け、現代社会に必要な多様性のある「生活設計」を身につける整理収納の概念と、生活をより豊かにする仕組みを作りました。

本日は、トランジットアジア が推奨する「生活設計」とは?をシェアしたいと思います。

生活設計の定義

「生活設計とは、「環境」 「モノ」 「理想」の現状を把握し 整理収納の促進により自分らしい暮らし方の発見を提案する。」
と定義しました。

ここで言う「環境」とはまさにみなさんの生活環境。住宅状況や家庭のライフステージのことです。人生には就職や結婚、出産子育て、子供の進学や就職、リタイア後の老後といった節目があります。また転勤や老後などの住む場所の決定などの選択もあります。
「モノ」は家庭や個人が所有しているモノ。車や家具などの大きなものから、食器や洋服など様々なものがあります。
そして、誰しも「理想の生活」と言う具体的な夢や場所や好みの生活スタイルがあります。

昭和の時代はモノがなかったからこそ、「モノ」を持つことで幸せを感じる事ができました。そしてそのモノを長く使用していました。しかし現代社会はどうでしょうか。モノを持つ事である一定の所有欲が満たされますが、今所有しているどれだけのモノはその幸せを継続して与えてくれるでしょうか。1年で機能もデザインも様変わりするモノ。
所有する事で周囲からの承認欲求を幸せと感じてしまえば、常に最新のモノを持ち続けなければなりません。

生活設計では、「環境」「モノ」「理想」を把握し、
:今(または1年以内)の理想の生活を手に入れる為に
:整理のレベルを知り
:個人個人に合った収納術を身につけ
:毎日の時間の使い方、精神的な豊かさ、経済的な余裕を生み出し
自分らしい暮らしの発見につながる、生活を「Re・Start !」することを目的としています。

今の生活が「忙しすぎる」と感じる方や、「整理収納が苦手な方」、「モノを減らしたいのに上手くいかない方」、「ついつい無駄買いをしてしまう方」、是非トランジットアジアの引越しを通して、新しい生活を手にし頂ければ嬉しいです。

生活設計は弊社の引越しサービスやブログを通してみなさまへ。

一般的な整理収納はご家庭に専門のアドバイザー等が伺い、その方に合った方法で整理収納するのですが、「自分の部屋はあまり見せたくない」「今はあまり時間がないが興味がある」といった方へはブログを通して。せっかくなので挑戦してみたい方は、是非次回の引越しはトランジットアジアへ!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ