ペットの渡航 日本→上海

日本から上海へ // ペットの単独渡航 // 検疫代行

新型コロナウイルスによる影響で、手荷物として連れて行くことができない場合や、先に赴任したご家族の元へペットだけを単独で上海へ渡航させたい場合などは、火曜から木曜日の成田から上海への直航便で搬送します。

料金表
(消費税/増値税込み)
空港搬入料
JPY30,000〜
出国検疫/航空運賃(JL873便)
JPY256,000
上海入国検疫/市内搬送
JPY112,800-
取扱い手数料
JPY42,400-
合計金額
JPY441,200〜

単独渡航諸条件
:マイクロチップを装着していること
:狂犬病予防接種を2回接種後に狂犬病抗体検査を実施していること
:中国側に受け入れ飼育者が入国済みで有効な長期ビザ(居留許可)を取得していること
:月齢、持病の有無、投薬の有無などから健康な状態と判断できること
:弊社および航空会社等のペットの搬送同意書にご承諾頂けること

単独渡航で日中間を移動したワンちゃんネコちゃんをご紹介します。

みんな元気に渡航しました!

フォックス君ロム君麦君たつ君

上から目線なフォクス君。ケージに入るのに20分かかったね。
元気いっぱいのおてんばロム君。到着したらママさんと感動の再開だったね。
キリッと動じない麦君。すかし顔がまた素敵。
内弁慶なたつ君。ママに会うなり暴れん坊。
トランジットアジアのペットの単独渡航は、弊社スタッフがワンちゃんやネコちゃんの性格、食事量、トイレの回数、好きなもの嫌いなものなどを「根掘り葉掘り」お伺いさせて頂く場合がございます。車両搬送時、飛行機に乗る前や降りた後、税関手続時など、ワンちゃんネコちゃんの様子に異常がないか確認させて頂く為です。しつこく聴かせて頂いた際は、どうかご容赦ください。

お申し込み前のご注意事項

入出国のサービスや記載のある料金等は上海(浦東・虹橋空港)に到着または出発の場合となります。
他の空港(北京、広州、大連、青島など) は弊社では対応しておりません。
上海近郊都市(蘇州、杭州、無錫、南通など)の場合でも上海から出入国される場合は対応いたしております。
マイクロチップ費用、ワクチン費用、航空運賃や超過手荷物費用など、動物病院や血清検査機関、航空会社などの費用は別途実費お客様にてご精算をお願いします。
入出国日及び時間が弊社営業時間外や休日の場合、別途時間外費用を申し受けます。
2019年5月より上海空港にて必要書類の提出と到着時の検疫検査に合格する等の条件により係留なく即日入国が可能です。
弊社では係留なく即日入国して頂く事を前提として検疫サポートをいたしておりますが、検疫検査に合格する事を保証するサービスではございません。
予めご了承の上、ご相談ください。(2021年4月現在まで、弊社取扱いは全て検疫検査に合格しています。)
==ペットの搬送サービスを2008年に中国で開始以来、これまで無事故(事故件数0件)を継続しています==

PAGE TOP