ペットの渡航 上海→日本

上海から日本へ // ペットの手荷物渡航 // 検疫代行

ペットはお客様とご一緒の飛行機で帰国予定。でも出国前の検疫/税関諸手続きや入国時の検疫手続き申請は代行してスムーズに渡航したい。お客様の帰国に合わせてペットの渡航に関わる諸手続きを確実に代行いたします。

PLAN-1 上海出国サービス マイクロチップの装着や抗体検査からのお手続き
PLAN-1
ワクチン接種からのお手続き場合
サービス料金
RMB4,982-(税込)
マイクロチップの装着
 ✔︎
1回目の狂犬病ワクチン接種
 ✔︎
混合ワクチン接種
 ✔︎
ワクチン手帳作成
 ✔︎
免疫証明カード作成
 ✔︎(犬の場合)
養犬登記証ご案内
 ✔︎(犬の場合)
狂犬病ワクチン接種(2回目)
 ✔︎
抗体検査採血手続き
 ✔︎
採血血清の搬送
別途 PLAN-2にて
出国40日前の検疫所届出
 ✔︎
出国前の健康診断
 ✔︎
検疫書類作成
 ✔︎
帰国便ペットスペースの予約
 ✔︎
出国チェックイン立会い
 ✔︎

中国でワンちゃんネコちゃんを迎え入れたお客様。
いつかやってくる帰国に向けて事前準備をトランジットアジアのスタッフと一緒に進めておきましょう。
2008年からこれまで数々の出国検疫代行を通して、様々なケースに対応してまいりました。多くの実績とノウハウでご不明な点はお応えいたします。先ずはご相談ください。

PLAN-2 血清搬送サービス 
PLAN-2
血清搬送サービス
サービス料金
RMB3,800-
抗体検査採血手続き
 ✔︎
検査施設への搬送
 ✔︎
検査結果ご案内
 ✔︎
検査書類原本のお渡し
 ✔︎

*上記料金は、日本の検査施設(RIAS)への搬送費用です。検査施設での検査料JPY13,000-も上記料金に含まれます。
血清検査の手続きはしたいけど、一時帰国の予定がなく、血清を持ち帰ることができない場合。トランジットアジア では皆様に代わって血清を日本の検査施設へ搬送しています。採血時の立会いから、血清の一時保管、輸送、検査結果入手まで対応しています。

PLAN-3 上海出国サービス 抗体検査後ご帰国までのお手続き
PLAN-3
抗体検査後からのお手続き場合
サービス料金
RMB2,862-(税込)
出国40日前の検疫所届出
 ✔︎
出国前の健康診断
 ✔︎
検疫書類作成
 ✔︎
帰国便ペットスペースの予約
 ✔︎
出国チェックイン立会い
 ✔︎

帰国の準備書類は整っているけど、上海での検疫申請や所持している書類に不備がないかご不安がある場合、トランジットアジア の出国検疫代行をご利用ください。動物病院との連携力や過去の実績とノウハウで不備のない検疫書類を作成いたします。

お申し込み前のご注意事項

==疫状期間中はご帰国時の空港チェックイン立会いを控えさせて頂く場合がございます。==
==2021年4月現在、上海及びその近郊都市の日本行きフライトでペットの受託手荷物受け入れはNH920(上海発), NH930(杭州発)のみ可能です。==

ペットの出国検疫サービスや記載のある料金等は上海(浦東・虹橋空港)から出国の場合となります。
他の空港(北京、広州、大連、青島など) は弊社では対応しておりません。
上海近郊都市(蘇州、杭州、無錫、南通など)にお住まいの場合、上海・杭州・無錫・南京から出国される場合は対応いたしております。
マイクロチップ費用、ワクチン費用、健康診断費用、航空運賃や超過手荷物費用など、動物病院や航空会社などの費用は別途実費お客様にてご精算をお願いします。
出国日時等が弊社営業時間外や休日の場合、別途時間外費用を申し受けます。
2020年7月より犬の血清採血時や出国手続きには上海市の「養犬登記証」が必要になりました。
日本に連れて帰る為の血清の狂犬病抗体検査施設が中国国内に無い為、お客様の一時帰国時に持ち帰って頂くか、血清搬送サービス(PLAN-2)にて承ります。
==ペットの搬送サービスを2008年に中国で開始以来、これまで無事故(事故件数0件)を継続しています==

PAGE TOP