Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. ペットを連れて日本に帰国① -血清採取まで- 2019年版

ペットを連れて日本に帰国① -血清採取まで- 2019年版

**********ワンちゃん、ネコちゃんと一緒の中国生活「帰国への道のり」**********************
① 帰国にともなう手続き・・・血清採取まで
② 帰国にともなう手続き・・・血清検査施設での検査まで
③ 帰国にともなう手続き・・・帰国直前の臨床検査~動物衛生証書取得まで
④ 帰国にともなう手続き・・・空港検疫検査とチェックイン~日本到着時の手続きと自宅到着まで (未)
⑤ 帰国にともなう手続き・・・日本から連れてきたペットの帰国手続き (未)
**********ワンちゃん、ネコちゃんと一緒の中国生活「帰国への道のり」**********************

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

この数年、北京に滞在されている日本人の方でペット(ワンちゃん、ネコちゃん)と一緒に北京ライフを過ごしている方が本当に増えました。

ペットホテルや動物病院、ペットショップなども充実して、ワンちゃんネコちゃんにとっても環境が整ってきたからですね~。

それでもいつかはやってくる「日本への帰国!」や「海外へのスライド転勤!」。

前もって準備されておかないと「いざ帰国!」に大切なワンちゃんネコちゃんと一緒の帰国が間に合わなくなってしまいます。

トランジットアジアでは、ペットと一緒の中国生活やペットと一緒の帰国を全面的にサポート!しています。

いざ帰国のあわただしい中、動物病院での健康診断や動物検疫所への申請手続きなど、経験豊富な専任スタッフがご相談からアドバイス、お手続きの代行まで承っております。

日本から一緒に連れて来られた方の中には、マイクロチップを装着し、日本で既に抗体価検査証明(狂犬病予防接種の免疫抗体価の数値結果証明書)を取得され、証明書有効期限内(2年)で予防接種有効期限内に狂犬病予防接種を追加接種されて、日本の動物検疫所が指定する180日待機期間をクリアされている方もいらっしゃいますが、証明書を取得されていない場合、有効期限が切れている場合、有効期限内に狂犬病予防接種を追加接種されていない場合は再度血清の検査を行い、抗体価検査証明書を取得し、血清の採取日から180日後以降に日本へ連れて帰る事になります。

今回は、その血清の採取手続きまでのご案内です。

準備は帰国予定日(ペットを日本へ連れて帰る予定日)から計算して約7カ月前に準備を始めます。

北京市観賞動物病院(政府指定の動物病院です。)
① マイクロチップの装着、臨床検査と1回目の狂犬病予防接種、動物健康免疫証の作成。
② ①の30日後に2回目の狂犬病予防接種 (1回目の接種日を0日として翌日が1日目と計算します)。
③ ②の7日から14日後に血清の採取し、検査機関への輸送手配を動物病院で行います。

諸手続きは混みあいますので、午前中がお勧め。

2019年現在、北京市では血清の個人でのハンドキャリー等はできません。指定の動物病院に血清の送付と検査申請を依頼します。

帰国の為の狂犬病ワクチン接種や採血(血清の検査)等の手続きが出来る病院は北京市内でも限られています。
詳細はトランジットアジアまで。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事