Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. 北京のトランジットアジア 二胡の日本への持ち帰り申請はお早めに!!その2

北京のトランジットアジア 二胡の日本への持ち帰り申請はお早めに!!その2

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

二胡の日本への持ち帰り、手荷物編です。

無事に二胡の輸出入許可が取れたらいよいよ日本への持ち帰り。

輸出入許可書記載の有効期限までに日本に持ち帰りましょう。

(通常は許可書の申請日から半年の180日間が有効期限となります。)

この輸出入許可書ですが、複写式で5枚綴りです。

そのうち1枚は許可書受取の時点で「国家瀕危物種進出口管理弁公室北京弁事処」に控えを取られますので、手元の残りは4枚となります。

北京空港出国の際、チェックイン→出国審査→機内持込み手荷物検査と進んだ後に税関カウンターがあります。

あまり気付かない(というか素通りしてしまわないようにご注意ください)。

T3(ターミナル3の場合は以下の地図とカウンターの写真をご参考)

 

 

この税関カウンターに輸出入許可書4枚と二胡本体、パスポートを提示してください。

輸出入許可書右下に税関が確認印を押し、3枚を返却します。(1枚は北京税関控えです)

機内に乗り込み日本へ!!

日本の空港に到着したら、入国審査→手荷物受取→税関と進み、ここで機内で記載した「携帯品別送品申告書」、輸出入許可書、二胡本体を提示してください。

税関による確認後、輸出入許可書2枚が返却されます。(1枚は日本税関の控えです。)

そのまま到着ロビーへ、晴れて二胡を日本国内に持ち帰ることができました!!

お疲れ様でした。

<ご注意事項>
*北京からの国際線、乗り継ぎなどの国内線には機内持込み手荷物に大きさの制限があります。 通常3辺の合計が115cmまでとなりますので、二胡のケース(外寸)を事前に測っておきましょう。
経由便などで、出国手続きを大連や青島でする場合。(例えばCA953などの北京→福岡でも実際は北京—<国内線扱い>—大連—<国際線扱い>—→福岡 などの場合)出国地での輸出手続きとなりますので、経由地で出国審査後の税関カウンターにて手続きをしてください。

*別送品申告書の記載方法
日本到着時の税関カウンターで提出する携帯品別送品申告書には表面中段の「日本への持込みが禁止又は制限されているもの」の個所を「はい」にチェックを入れて申告してください。

*輸出入許可書の返信
手元に残った2枚のうち、1枚は帰国後お早めに発行当局の国家瀕危物種進出口管理弁公室北京弁事処に郵便で返信して下さい。

これで全ての手続きの終了です。

関連記事