Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. 北京のトランジットアジア 二胡の日本への持ち帰り申請はお早めに!!その1

北京のトランジットアジア 二胡の日本への持ち帰り申請はお早めに!!その1

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

北京に滞在されている方の中には「せっかく中国にいるのだから」と趣味で二胡を習っている方も多くいらっしゃいます。

日本人向けにも二胡教室があり、なかには女子十二楽坊に所属されていた先生の教室なんかもあります。

さて、もうすぐ3月を迎えると、日本への帰国ラッシュの時期になり、帰国の方は子供の学校の事や、日本での新居、はたまた引越やら大変忙しくなります。

二胡を日本へ持ち帰りたい方も毎年大勢いらっしゃるのですが、現在二胡の輸出入許可取得まで約20日間必要です。

引越荷物で送る、手荷物で持って帰るなど持ち帰りの方法はいくつかありますが、輸出入許可を取らなければ持ち帰る事ができません。???

えっ そうなんですか?という方に、二胡の持ち帰り方法をご紹介します。

*******************************************
:そもそもなんで輸出許可が必要なんですか?
二胡の琴筒はニシキヘビの皮で覆われています。ニシキヘビはワシントン条約と言われる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」によって守られているため、一般的に輸出入の制限品目となっています。つまり簡単に国外へ持ち出せないという事です。

その為、中国の関係当局が発行した輸出入許可書を取得し、中国からの輸出、日本での輸入が許可されます。(ちなみに許可書なしで日本に持ち込みされた方は、空港税関で二胡のニシキヘビの皮の部分のみ剥ぎ取られたそうです。)
******************************************

そんなわけで、お持ち帰りをご予定の方は、お早めに輸出入許可書の取得申請をされる事をお勧めします。
(引越し荷物と一緒に発送される方は、引越日の1カ月前までに申請しましょう。)

トランジットアジアでは、海外引越ご利用のお客様に無料で代行手続きをさせて頂いております。

<申請手続き方法>
必要書類など
A 二胡本体(収蔵証同様の刻印の有無を確認)
B 二胡購入時の発票原本とコピー1部
C 収蔵証原本とコピー1部
D ニシキヘビの皮の原産地証明書とコピー
E 個人申請書(自由フォームに国外持ち出し理由を記載)
F 申請書中国CITESの規定フォームに記入)・・・(申請書記入サンプル
G パスポート原本及び顔写真ページのコピー
H 発行手数料200元(本)
B~Gを持参し国家瀕危物種進出口管理弁公室 北京弁事処へ申請し申請受理書を入手。

申請受理書記載の証明書発効予定日以降に再度申請先へ出向き、輸出入許可書を入手。(H 発行手数料の支払い・・・発行手数料は事前に農業銀行指定口座へ振込を要求される場合もあります。)

<日本への持ち帰り方法(輸出入許可書取得後)>

1、持ち主(輸出入許可書記載の所持人)と一緒に手荷物として飛行機などで持ち帰り
2、海外引越お荷物(船便または航空便)と一緒に引越荷物として持ち帰り
3、国際宅配便などで宅配荷物として持ち帰り(海外引越のお荷物発送までに輸出入許可書が間に合わない場合など)

お時間の無い方や、申請手続きが煩わしい方は、是非弊社の代行サービスをご利用ください。

トランジットアジアでは、海外引越ご利用のお客様に無料で代行手続きをさせて頂いております。
————————————————–
国家瀕危物種進出口管理弁公室 北京弁事処
北京市西城区裕民中路8号 北京市林業局西楼2階 202室
010 6237 0330
2013年10月より申請先の住所は変更されています。
詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
————————————————–

手荷物での持ち帰りや、税関申告方法、帰国後の書類諸手続きに関しては「当ブログ 二胡の日本への持ち帰り申請はお早めに!!その2」  に続きます。

関連記事