Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の生活
  4. もうすぐ春節 一時帰国の際に免税でお買い物

もうすぐ春節 一時帰国の際に免税でお買い物

こんにちは!

引越しの「トランジットアジア」北村です。

先週末からすごい寒さになってますが、今日位から少しましになってきましたね。

寒いと風邪ひきやすいので、気を付けてください。

さて、間もなく春節(旧正月)ですね。

この期間に日本に一時帰国される方も多いかと思いますが、一時帰国時に海外居住者であれば免税で物品が購入できる事が出来るのをご存じでしょうか?

免税対象者は下記です。
①外国にある事務所に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
②2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
③上記以外で、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
④上記で、事務連絡、休暇のため一時帰国し、その滞在期間が6ヶ月未満の者

となりまして、駐在の方は大体該当するかと思います。

免税の条件としましては、個人で消費する物に限られます。

一般物品に関しては(家電、装飾品、時計、衣類、靴、カバン、雑貨等)
日本入国日から6ヶ月以内に日本国外に持ち出す事
免税対象額  1日1店舗あたりの合計購入額が10,001円を超える事

消耗品に関しては
購入日から30日以内に日本国外へ未開封のまま持ち出す事
免税対象額  1日1店舗あたりの合計購入額が5,001円から500,000円以下となること

となります。

消耗品が5,001円からになったのは大きいですね。

スーパー等で上海に持ち込む調味料等を買ってればすぐ、5000円こえるので助かります。

現在は、大手の薬局、ドン・キホーテさんなんかですと免税専用のレジがあり、直接手続きもできます。

百貨店、スーパーですと、免税手続きコーナーが設けられていて、清算後、そのコーナーに持って行き税金分清算となります。

(百貨店の場合、手数料が1%程引かれる事がある様です)

ヨドバシカメラさんでは、免税手続きするとポイントがつかないので、ご注意。

ポイントは10%、免税では8% でも銀聯を使うと5%割引になりますので

微妙ですが。

 

各店、担当者でも違いがある様で、ある大阪の百貨店では、会員割引5%も使用できさらに免税となったところもありました。

かなり色々と差がでるので、お近くのお店で調べてみてください。

もちろん、アップルでも免税可

IMG_5188

また、気を付ける点としては

帰国時には、帰国スタンプを押してもらう事が必要

(お引越しの別送品申告の手続きの場合も同じですね)

自動化ゲートを通ると、免税が受けられないのでご注意

また、お買い物の際にはパスポートを忘れずに。

うっかり自動ゲートを通っても、6ヶ月以内前に帰国印あれば手続きは可能です。

購入した物品の持ち込みですが、

基本出国前ゲートの前の税関で、免税品とパスポートに貼ってもらった免税書類を見せてはがしてもらう事が必要です。

ただ、その時点では機内持ち込みお荷物しかない状態ですね。

機内持ち込みで、そんなに持っても行けず液体物もダメなので必然的にチェックは無理なものが多いです。

そのまま、税関に行かず持って帰ってこられている方もいらしゃるかと思いますがこの分いつはがせばいいんでしょうね。

私も上記を知らずにそのまま貼ったままの状態の物がありましたが、特に問題は無いようですね。ただ、あくまで、上記の手続きで外してもらうのが正規です。

一時帰国の際の楽しみのお買い物、お得に楽しんでください。

また、この春ご帰任になられる方は旧正月の一時帰国時に、先に別送品申告の手続きをして頂く事も可能です。(タイミングによっては、お荷物を早くお届出来ます)

詳細は、是非トランジットアジアまでお問い合わせください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

The following two tabs change content below.
北村 良平
1992年に中国に最初に中国上海入り、その後、現在と全く異なる業種での仕事で、日本に戻ったりしながらも、結局中国に戻ってきてしまい、中国滞在のべ20年程度(良くわからなくなってます)。中国生活でお困りの事があればなんでもご相談ください。  太い体に軽いフットワークで(本人が思ってるだけ?)日々頑張っております。 また、100kgを超えた所から現在ダイエット実施中、サボって逆に増えてしまったりもしながらこちらも頑張っております

関連記事