Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の生活
  4. 上海の生活 3月に免税との噂?電子タバコのiQOS(アイコス)

上海の生活 3月に免税との噂?電子タバコのiQOS(アイコス)

みなさんこんにちは。

引越しのトランジットアジア上海の奥村です。

先週、お正月休みをもらって我らが福岡に行って参りました。

もともと弊社、日本側の会社は、”福岡倉庫引越しセンター”

その名の通り福岡県に本社があるので、よくお客様に福岡出身ですか??とご質問いただくんですが、

実は中国在住のスタッフで福岡出身者は総経理だけなんです。

いやいや今日はそんな話ではなく…

久しぶりに日本へ帰国したら、iQOS(アイコス)という電子タバコ?がチラホラ売られていたので、ご紹介を・・・。

私は喫煙者ではないので、興味はなかったのですが、お店の方があまりにも詳しく説明してくれるので、じーっと聞いていたら、火を使わず、加熱するだけ。灰が出ない、ニオイも少ない、本物のタバコ?

なんかよくわからないけど、画期的な感じ!!

フィリップモリスから出ているそうで、法律上パイプたばこの種類に属し、ニコチン、タールの数値表示はなく、吸ってみないとわからないとのこと。

嘘かほんとか有害物質は9割減!?らしいですよ!

副流煙は全く出ず、吸い込んで吐くと煙は出るが、その煙は水蒸気。

なので、部屋の壁が黄色くなる心配もなく、車内で窓を閉め切っていても気にせず吸えることが一番のメリットのようです。

でもでも、匂いは多少ありタバコというより、何か焦げているような。

本体のカラーはネイビー、ホワイト(JPY9,800)

あと、現在西日本だけで販売されているボルドー(JPY12,800)の3色。

現在フレーバーはマルボロの4種類。
①深く豊かな味わいの『レギュラー』
②バランスのとれた洗練されたたばこの味わいの『バランスドレギュラー』
③力強 い爽快テイストである『メンソール』
④軽快な爽快テイストの『ミント』

こちらは20本入り、460円。通常のたばこの値段と変わりませんね!

<使用方法>
1.スイッチを長押しすると加熱が始まり緑色ランプが点滅
2.20秒後ランプが点灯し吸うことができます。
1本で吸える時間は6分間。または13回吸い込むまで。

iQOSホルダーは1本分の充電しかできないので、連続して吸うことは出来ません。

ここはチェーンスモーカーの方には不向きかも。

灰が落ちることはないので灰皿は必要ありませんが、水蒸気という名の煙がでるため、やはり喫煙所にはいかなければならないようです。

今、海外在住のため、免税でお買いものをされている方も多いと思いますが、お店の方によると、こちらのタバコも今年3月頃に免税になるとかならないとか・・・。

そちらのお父さん!ご家族のために、ご自身のために、一度お試しになってはいかがですか?

関連記事