Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の生活
  4. たまには「中語風鍋」でもいかがですか? =捞王の猪肚鸡鍋=

たまには「中語風鍋」でもいかがですか? =捞王の猪肚鸡鍋=

引越しの「トランジットアジア」クロパンです。

突然ですが、上海寒いですね~

今日は最低で-1℃とか。。。

こんな寒い日は暖かい鍋が食べたくなりませんか?

日本なら定番の寄せ鍋やちゃんこ鍋、かに鍋だったり土手鍋など、、、すき焼きなんかもいいですね~

中国では火鍋(重慶、四川の辛い鍋)が有名ですが、今日はちょっと変わった鍋を紹介。

名前は捞王というお店の「猪肚鸡锅

猪肚とは豚の胃、鸡は鳥。豚の胃と鳥を煮込んでとったスープの鍋です。

早速写真でご紹介!


お店の外観です。店の名前がでかでかと。。。遠くからでもよく見え、はっきり言って目立ちます!

お店は連日連夜たくさんの人が順番待ち。結構有名みたいです。

少し早目に行かないと結構待たされます。

こちらが、鍋のスープ。見た目から濃厚。飲んで濃厚。

豚の胃と鳥からよくダシが出ています。

こちらの鍋ですが、食べ方にこだわっており、何の具材も入れず、まずは何時間も煮込んだスープを楽しみます。

最初から他の具材を入れてしまうと、スープそのものの味が変わってしまうからとか。。。

臓物系は好きだけど、それでもちょっと臭いかな?って方は、ちょっと胡椒を入れると飲みやすいかも!?


豚の胃


乾燥湯葉

そして、スープをじっくり堪能した後、このように好きな具材を入れ、鍋を楽しみます。

鍋用の調味料も豊富、味はお好みで!

私のお勧めは至ってシンプル。特製醤油と香菜(嫌いな方はネギでもOK)、後、少量の唐辛子。

店内はこんな感じです。常に人が多いので賑やかです。

臓物系が好きな方にはお勧めの一品。スープ自体は結構素材そのものの味が出てるので、苦手な方はダメかもしれないですね。。。

日本の鍋は言うまでもなく美味しいですか、せっかくの中国生活。

たまには中国鍋を堪能してみては?

是非一度お試しを!

【お店はこちら↓】
上海市长宁区凯旋路1456号1座(虹桥路近く)
地下鉄3、4号線「虹桥路駅」を降りて徒歩2分。
電話;(021)6282-8082

~トラッピー写真館~
TITLE ; トラッピー、川のほとりで。。。

関連記事