数字とデータで見る、みなさんの引越し

 


 

私の荷物って多いの少ないの?
=市内引越し編=
引越しの見積り訪問時やお引越し当日にお客様からよく質問を受けます。本当は少なくしたいのに荷物が多いなぁ〜と悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。ついつい自分の荷物量を比較してみたくなるんでしょうね。それぞれの生活スタイルやライフステージ、世帯数などによりどのくらいだと多い?ということはありませんが、快適な生活のお荷物量にしたいですね。そこで、トランジットアジアで市内引越しをしましたお客様のお荷物量、世帯別に最小、平均、最大の量(ダンボールの個数)を比較してみました。

 世帯構成  最小 平均 最大
 単身者  8個  37個  57個
 家族帯同 84個 114個 163個

 


 

私の荷物って多いの少ないの?
=海外引越し編=
帰国引越し編では、お荷物の整理はかなり本格的に行い、市内引越し時とは比べ全体的にお荷物の量は減少される方が多いです。特に消耗品や中国で購入した家電などは日本での電圧の違いがあり、手放して帰る方が多いです。トランジットアジアで帰国海外引越しをしましたお客様のお荷物量、世帯別に最小、平均、最大の量(ダンボールの個数)を比較してみました。市内引越しと比べても約半分程度のお荷物量になる方が多いですね。

 世帯構成  最小 平均 最大
 単身者  2個  15個  99個
 家族帯同 15個 60個 157個

 


 

さぁ引越し!いつから始める?何から始める?
帰国になりました!帰国までのスケジュールは時間との勝負。引越し業者との連絡。会社での引き継ぎ。子供の学校関係。不動産との退去手続き。新居はどうする? 銀行・携帯・日本語テレビ・光熱関係の解約手続き。ビザの抹消。やることはたくさん。引越し手続きはいつから、何から始めれば?

 最も早い 平均 最も遅い
 引越下見 2ヶ月前 1ヶ月前 1週間前
 梱包材の入手 1ヶ月前 2週間前 業者にお任せ

平均は「下見は1ヶ月前」「ダンボールなどの入手は2週間前」 になりました。トランジットアジアでご案内しているスケジュールも同様です。帰国まで1ヶ月あれば、時間を有効に使い引越しもスムーズに行えます。お忙しい方は、モノの整理だけして「梱包は業者にお任せ」もアリですね。

 


 

さぁ帰国!あたたはいつ荷物、出しますか?
大きな分かれ道は、中国での帰国までの生活を優先し帰国直前に荷物を出す方と、日本での生活を早く立ち上げる為に早めに荷出しして帰国後できるだけ早く荷物を受け取られる方です。

 運送方法  最も早い 平均 最も遅い
 航空便  10日前 2日前 0日(帰国当日)
 船便 30日前 7日前 0日(帰国当日)

 


 

帰国引越し航空便で送るモノBEST10!
中国生活、帰国間際まで使いたい。日本でもすぐに受け取りたい。毎日の生活に欠かせないものを航空便で。100世帯の方にご利用頂いた航空便から発送したモノを見てみると、100世帯とも洋服は必ずありました。単身の方で意外と多いのがゴルフバック。帰国前の最後のゴルフはビジネスマンにとっては欠かせない行事。ご家族の方は炊飯器やお子さんのランドセルも多かったです。
帰国前数日の中国生活。手荷物が重量超過しないように、みなさん上手に航空便を利用されていますね。

順位 内容品 人数
1位 洋服  100人
2位 カバン類  95人
3位  靴  90人
4位  キッチン用品 64人
5位 寝具 40人
6位 文具・書類 38人
 炊飯器 38人
8位 ゴルフバック 35人
9位 ランドセル・学習用品 30人
10位 玩具 26人

 


 

帰国引越し困ったBEST10!
何度も海外引越しを経験した方でも、帰国海外引越しが初めての方も、思わぬところに落とし穴が。みなさんの困った!を知っておくと少しは慌てずに済むかも? 実際にあった困った!を検証しました。

「荷物を減らしたい」これはみなさん引越し時の永遠のテーマなようです。それだけ本当は片付ければ整理できるこのがたくさんあるということなんでしょうね。引越し時に家族で喧嘩になることも。慌ただしい中ではついついイライラと。。

事前にしっかりと準備をしておけば、避けることができそうな「困った」でした。さすがに「帰りたくない」はどうにもならないですけどね。

順位 内容 票数
1位 荷物が減らない 28票
2位 モノが見つからない 18票
3位 挨拶回りが面倒 16票
4位  帰りたくない 11票
5位 梱包が面倒 7票
処分方法がわからない 7票
7位 大家のモノを出した 4票
子供(旦那)と喧嘩 4票
9位 不用品の持ち帰り 3票
10位 パスポートが見つからない 2票