数字とデータで見る引越し – 引越しの「トランジットアジア」

数字とデータで見るトランジットアジア

  • HOME
  • 数字とデータで見る引越し

数字とデータで見る、みなさんの引越し

 


 

私の荷物って多いの少ないの?
=市内引越し編=
引越しの見積り訪問時やお引越し当日にお客様からよく質問を受けます。本当は少なくしたいのに荷物が多いなぁ〜と悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。ついつい自分の荷物量を比較してみたくなるんでしょうね。それぞれの生活スタイルやライフステージ、世帯数などによりどのくらいだと多い?ということはありませんが、快適な生活のお荷物量にしたいですね。そこで、トランジットアジアで市内引越しをしましたお客様のお荷物量、世帯別に最小、平均、最大の量(ダンボールの個数)を比較してみました。

 世帯構成  最小 平均 最大
 単身者  8個  37個  57個
 家族帯同 84個 114個 163個

 


 

私の荷物って多いの少ないの?
=海外引越し編=
帰国引越し編では、お荷物の整理はかなり本格的に行い、市内引越し時とは比べ全体的にお荷物の量は減少される方が多いです。特に消耗品や中国で購入した家電などは日本での電圧の違いがあり、手放して帰る方が多いです。トランジットアジアで帰国海外引越しをしましたお客様のお荷物量、世帯別に最小、平均、最大の量(ダンボールの個数)を比較してみました。市内引越しと比べても約半分程度のお荷物量になる方が多いですね。

 世帯構成  最小 平均 最大
 単身者  2個  15個  99個
 家族帯同 15個 60個 157個

 


 

さぁ引越し!いつから始める?何から始める?
帰国になりました!帰国までのスケジュールは時間との勝負。引越し業者との連絡。会社での引き継ぎ。子供の学校関係。不動産との退去手続き。新居はどうする? 銀行・携帯・日本語テレビ・光熱関係の解約手続き。ビザの抹消。やることはたくさん。引越し手続きはいつから、何から始めれば?

 最も早い 平均 最も遅い
 引越下見 2ヶ月前 1ヶ月前 1週間前
 梱包材の入手 1ヶ月前 2週間前 業者にお任せ

平均は「下見は1ヶ月前」「ダンボールなどの入手は2週間前」 になりました。トランジットアジアでご案内しているスケジュールも同様です。帰国まで1ヶ月あれば、時間を有効に使い引越しもスムーズに行えます。お忙しい方は、モノの整理だけして「梱包は業者にお任せ」もアリですね。

 


 

さぁ帰国!あたたはいつ荷物、出しますか?
大きな分かれ道は、中国での帰国までの生活を優先し帰国直前に荷物を出す方と、日本での生活を早く立ち上げる為に早めに荷出しして帰国後できるだけ早く荷物を受け取られる方です。

 運送方法  最も早い 平均 最も遅い
 航空便  10日前 2日前 0日(帰国当日)
 船便 30日前 7日前 0日(帰国当日)

 


 

帰国引越し航空便で送るモノBEST10!
中国生活、帰国間際まで使いたい。日本でもすぐに受け取りたい。毎日の生活に欠かせないものを航空便で。100世帯の方にご利用頂いた航空便から発送したモノを見てみると、100世帯とも洋服は必ずありました。単身の方で意外と多いのがゴルフバック。帰国前の最後のゴルフはビジネスマンにとっては欠かせない行事。ご家族の方は炊飯器やお子さんのランドセルも多かったです。
帰国前数日の中国生活。手荷物が重量超過しないように、みなさん上手に航空便を利用されていますね。

順位 内容品 人数
1位 洋服  100人
2位 カバン類  95人
3位  靴  90人
4位  キッチン用品 64人
5位 寝具 40人
6位 文具・書類 38人
 炊飯器 38人
8位 ゴルフバック 35人
9位 ランドセル・学習用品 30人
10位 玩具 26人

 


 

帰国引越し困ったBEST10!
何度も海外引越しを経験した方でも、帰国海外引越しが初めての方も、思わぬところに落とし穴が。みなさんの困った!を知っておくと少しは慌てずに済むかも? 実際にあった困った!を検証しました。

「荷物を減らしたい」これはみなさん引越し時の永遠のテーマなようです。それだけ本当は片付ければ整理できるこのがたくさんあるということなんでしょうね。引越し時に家族で喧嘩になることも。慌ただしい中ではついついイライラと。。

事前にしっかりと準備をしておけば、避けることができそうな「困った」でした。さすがに「帰りたくない」はどうにもならないですけどね。

順位 内容 票数
1位 荷物が減らない 28票
2位 モノが見つからない 18票
3位 挨拶回りが面倒 16票
4位  帰りたくない 11票
5位 梱包が面倒 7票
処分方法がわからない 7票
7位 大家のモノを出した 4票
子供(旦那)と喧嘩 4票
9位 不用品の持ち帰り 3票
10位 パスポートが見つからない 2票

 


 

 


 

いつ届く? 帰国引越し 航空便と船便
平均日数から、航空便は2週間弱 船便は1ヶ月弱でお届けとなります。思ったより時間を要すと思われる方が多いのではないでしょうか。

 運送方法  最短 平均 最長
 航空便  7日 12日 19日
 船便 17日 27日 35日

航空便の飛行機は当日、船便のコンテナ船は4日(上海から横浜港の場合)と船や飛行機で移動している日数はとっても短い。ではどうしてこんなに時間がかかるのか?? これは中国から日本へと国際輸送を行う際に必ず通る税関。税関を通す為に、様々な書類を作成し税関へ申告を行い輸出入手続きを行っている時間や、税関検査等の時間。天候による船の出航遅延など様々な要因から日数を要しています。

 


 

引越し料金の相場
気になる海外の引越し費用。単身者の引越しで2箱!のお客様から家族で引越し200箱まで。約100世帯の帰国海外引越しから引越し料金の平均価格を計算してみました。

 最安値 平均 最高値
単身の引越し 1,600元 11,900元 17,800元
家族で帰国引越し 6,500元 28,500元 48,000元

海外引越し料金はお荷物の量(容積)や、移動距離による運賃などから計算されます。できるだけコンパクトに梱包できればそれだけ料金も割安に。
気になる引越し料金は早めに下見見積りを行い、予算に合った引越しを目指しましょう。

 


 

ダメージってどれくらいあるの?
お皿の割れ。電化製品が動かない。家具に傷が。海外引越しはお届けまでに何度もトラックに乗せたり、倉庫に保管したり、税関検査を受けたりとお荷物を動かします。ちょっとした振動や自然環境による影響、交通事故もないとは言い切れません。トランジットアジアの帰国引越しで実際に発生したダメージを整理して見ました。
*データは2017年の一定期間に取り扱いをした約215件中の9件の破損事故です。
*取り扱い件数より、トランジットアジアの破損事故は4.19%となりました。

 

ダメージ内容 詳細 件数
衣装ケースの割れ プラスチックケースの取手、下部タイヤの割れ 3件
家電の電源不良 空気清浄機、ドライヤーの電源が入らない 2件
食器の割れ コップの取手破損、茶器の割れ 2件
家具の角破損 角部分の潰れ、下部のタイヤ割れ 1件
その他 紛失(玩具)、 1件

 


 

引越難民。一番忙しい繁忙期って?
世界中どこに行っても日本人の帰国ピークは3月です。4月の新年度に向けて人事異動や子供の新学期や入学時期に合わせた引越しが多いからです。3月の引越し繁忙期は、トランジットアジアも一番忙しい時期。そんな3月でも「この日に引越し!」と一番依頼の多い日があります。さてそれはいつでしょうか?
3月の終業式や卒業式が終わった最初の土日です。みなさん子供の学校が終わってから荷物を出したい。ついでに週末にお父さんにも手伝ってもらいたい。と、この2日間に集中します。この2日間の引越しは毎年2月中には予約で埋まってしまうほど。やはり早めの準備ですね。
2018年は3月10日, 11日がこの2日間でした。2019年は3月16日, 17日がこの2日間になる予定です。