中国各港での引越貨物関税率の引き上げについてのご案内 – 引越しの「トランジットアジア」

中国各港での引越貨物関税率の引き上げについてのご案内

  • HOME
  • ニュース
  • 中国各港での引越貨物関税率の引き上げについてのご案内

中国各港での引越貨物関税率の引き上げについて

中国各港での引越貨物に対する当地関税率の引き上げについて、平成28 年4 月8 日からの施行に
関して、この程7月より各港にて実質運用されている事を確認いたしましたので、下記関税率の通り
関税率の引き上げ変更をご案内いたします。

– 主な関税率の変更 –

書籍等の印刷物・映像資料、コンピューター・ビデオカメラ・デジタルビデオ等のIT 商品、
食品、家具、ゲーム用品など  関税率 10% ⇒ 15% に変更

スポーツ用品(ゴルフ用品を除く)、衣類等の紡績品、家電、自転車など 関税率 15% ⇒ 30% に変更

装飾品、ゴルフ用品、化粧品、高級腕時計など 関税率 30% ⇒ 60% に変更
*中華人民共和国入国物品輸入税率表、付属文書、付属文書2 より

その他、課税価格及び関税率一覧等につきましては弊社各担当支店までお問い合わせください。

1年以上の有効な居留許可を取得後に初回の輸入申請を行う場合、下記20 品目以外は入国時に別送品
申告を行うことにより2,000 元まで免税となります。(中国籍の場合5,000 元まで免税)
*2回目以降の輸入申請は一律全量課税となります。
*個人使用を超えると判断される量の輸入は課税対象となる場合がございます。
*中国籍の場合、1年以上の長期海外滞在を滞在国の査証等で証明でき、頻繁に中国入出国がない場合免税申請を行います。

– 20 品目(添付関税率表、黄色ハイライト箇所)-
テレビ、撮影機、ビデオカメラ、放映器(ビデオ、DVDなど)、音響機器、エアコン、
冷蔵庫、洗濯機、カメラ、コピー機、電話交換機、小型コンピューター、電話機、無限呼び出し
システム、FAX、電子計算機、プリンター及び文字処理機、家具、電灯、食料
*中華人民共和国税関による非居住民長期旅客出入国自家用物品に対する監督管理弁法(税関総署令第194 号)より

各港(上海、新港、大連、広州)では、免税待遇や諸条件ルールが異なる場合もございます。
ご不明な点、ご質問等は、弊社担当各支店まで、お問い合わせ頂けますようお願いいたします。

 

最近のニュース