Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. 北京のトランジットアジア 覚えておきたい中国語 病院用語編

北京のトランジットアジア 覚えておきたい中国語 病院用語編

引越しの「トランジットアジア」北京支店です。

皆さま、こんにちは!

中国に来て言葉が通じなくて生活するのにも大変なのに病気になったら更に困りますね。

日本語が通じる中日友好病院に行けばいいのですが、よその病院に行くと日本語が通じなくなります。

そんな方のために今日は病院で使う中国語について教えます。

01

1. まず名前から覚えましょう~

病院→医院(yī yuàn)   先生→医生(yī shēng)    患者→患者(huàn zhě)

看護婦→护士(hù shì)  受付→挂号(guà hào)  外科→外科(wài kē)

内科→内科(nèi kē)   小児科→儿科(ér kē)  眼科→眼科(yǎn kē)

耳鼻科→耳鼻科(ěr bí kē) 婦人科→妇科(fù kē)

2. 先生に症状を伝えましょう~

02

風邪を引く→ 感冒(gǎn mào) 過去形は     感冒了(gǎn mào le)

頭が痛い→头痛(tóu tòng)       熱が出る→发烧(fā shāo)

咳をする→咳嗽(ké sòu)       めまいがする→头晕(tóu yūn)

喉が痛い→咽喉痛(yān hóu tòng)   お腹が痛い→ 腹痛(fù tòng)

鼻が詰まる→鼻塞(bí sāi)       喉がかれる→嗓子哑(sǎng zi yǎ)

食欲がない→没有食欲(méi yǒu shí yù) だるい→浑身无力(hún shēn wú lì)

胃が痛い→胃痛(wèi tòng)      吐き気がする→呕吐(ǒu tù)

歯が痛い→牙痛(yá tòng)      目が痛い→眼镜痛(yǎn jìng tòng)

痒い→ 痒(yǎng)          炎症が起きる→发炎(fā yán)

3. 症状伝達が終わると先生が治療方法について説明します。

薬を飲む→吃药 (chī yào)     注射を打つ→打针(dǎ zhēn)

点滴を打つ→打点滴(dǎ diǎn dī)   休憩→休息(xiū xi)

運動→运动(yùn dòng)

もちろん外国で生活しながら病気にならないのが一番望ましいことですが、

念のため、病気になったら以上の病院用語が少しでも皆様の生活に役に立てると幸いです。

The following two tabs change content below.
北京分公司の現場スタッフ、総務や経理スタッフがごくごく「まれ」に投稿しています。北京生活者ならではの日本人があまり知らない特ダネやニッチな情報を、くどいようですが、ごくごく「まれ」に発信しています。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事