北京のペット 中国国内移動編 – 引越しの「トランジットアジア」

北京のペット 中国国内移動編

北京のトランジットアジア

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

中国国内で転勤になりましたが、ペットはどうやって連れて行きますか???

もうすぐ帰国、ペットの帰国手続きのみ代行可能ですか?

こんな問い合わせが最近とても増えています。

もうすぐ3月の引越シーズンということもあり、ワンちゃんネコちゃんのいる家庭では、何よりも心配な事ですね。。。はっきり言って引越荷物より大切!!

でもでも帰国間際や、転勤の前は何かと忙しく、ゆっくり手続きをしている時間もない方も多いと思います。

そんなときはトランジットアジアのペットと帰国・ペットと中国移動サービスをご利用下さい。

北京では日系業者として

取扱い実績No.1(だと思います。)

顧客満足度もNo.1 (だと思います。)

弊社のスタッフも複雑な手続きを何度も経験しているので、安心してお任せ下さい!。

また、検疫局や、動物病院にも同行しお手続きいたします。

さて、宣伝はこのくらいで、、、。

今日は中国国内での移動の手続きについてです。

方法は3つ

①車で一緒に連れて行く。
一番簡単な方法ですが、、、、広い中国北京から上海まで1500kmを車で走るのはなかなか大変。レンタカーでも丸一日の旅です。
移動距離1500kmを考えるとドライバー付きのレンタカーで、15,000元くらい掛かってしまいます。(結構割高ですね~。)

②飛行機で一緒に連れて行く。
手続きは何かと複雑ですが、上海までなら2時間。費用は超過手荷物扱いの航空運賃300元くらいです。
弊社のオススメは②です。

航空会社への事前確認や、お住まい近郊の動物衛生所で消毒証明の取得など、手続きは複雑ですが、移動時間が一番短いです。

トランジットアジアでは代行手続きを取扱いしています。

③貨物扱いで飛行機移動。
飼い主の同行は必要ありませんが、早朝にお預かりし、夕方~夜にお届けとなります。
飼い主の方と離れている時間が一番長くなります。

朝陽区の動物衛生所(消毒証明)を申請するところです。

**中国の新幹線など電車でのペットを連れての乗車は禁止されています。

以前、弊社のお客様で駅長さんと知り合いで、こっそり猫連れで新幹線で上海まで行かれた方がいらっしゃいました。たまに電車に乗っていると「にゃー」とかあれ?猫の鳴き声??てなこともありますが、鉄道各社の規定では禁止になっておりますので、ご注意下さい。

つわものがいっぱいいる中国ですが、トランジットアジアではお取り扱いできませんので、ご了承ください。

The following two tabs change content below.
北京分公司の現場スタッフ、総務や経理スタッフがごくごく「まれ」に投稿しています。北京生活者ならではの日本人があまり知らない特ダネやニッチな情報を、くどいようですが、ごくごく「まれ」に発信しています。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索