北京の文化 胡同での新発見 南鑼鼓巷は高い? – 引越しの「トランジットアジア」

北京の文化 胡同での新発見 南鑼鼓巷は高い?

北京のトランジットアジア

みなさんこんにちは!

引越しの「トランジットアジア」北京支店です。

最近北京にある有名な胡同「南鑼鼓巷」をふらふらした時、こんな石碑を発見!

一歩前に進んで、ゆっくり読んだら、なるほど!

ここは北京市内(山以外の街)一番海抜高い所ですよ。

この石碑は1914年-1916年、政府は北京市に標高を測量したときに、ここで設置されたそうです。

北京の平均海抜は43.5メートル、天安門広場は44.4メートル。

ここの海抜は49メートル。当時北京の一番高いところです。

という事は、北京の一番低いところは????

通州区柴厂屯の辺は海抜8メートルです。(北京-天津の途中)

北京雑学として、覚えてくださーい。

The following two tabs change content below.
北京分公司の現場スタッフ、総務や経理スタッフがごくごく「まれ」に投稿しています。北京生活者ならではの日本人があまり知らない特ダネやニッチな情報を、くどいようですが、ごくごく「まれ」に発信しています。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索