北京の食事 小龍包を食べに鼎泰豊(ディンタイフォン)へ行こう! – 引越しの「トランジットアジア」

北京の食事 小龍包を食べに鼎泰豊(ディンタイフォン)へ行こう!

北京のトランジットアジア

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

日本でも10店舗以上ある有名な小龍包と言えば「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。

ここ北京にも東直門、新光天地などに店舗がありなじみ深いですね。

日本からの団体ツアーなんかでも食事コースに入っていて、欧米人も含め外国人のお客さんが多い店です。

お勧めはもちろん小龍包(10個48元)ですが、最近は色々な味の小龍包が味わえるような工夫がされているようで、キムチ入り小龍包なんかもありました。

広島のもみじまんじゅうの種類の多さとか、回転寿司でプリンやメロンが回っているような感じで多品種なのはいいのですが、小龍包だけでも十分美味しくそれだけでもあえて品があっていいのでは?とも思うのですが、、。

もうひとつお勧めなのはジャージャー麺(35元)。これは北京のローカルジャージャー麺とは全く異なり、かなり洗練されて、ミートソースパスタのような感じです。

鼎泰豊 http://www.dintaifung.com.tw/jp/default.htm

(日本語のサイトもあります。)

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。 中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索