北京の生活 これもチャイナリスクか 窓ガラスが。。。 – 引越しの「トランジットアジア」

北京の生活 これもチャイナリスクか 窓ガラスが。。。

北京のトランジットアジア

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

北京市ではここ数年で高層のホテル、マンション、オフィスビルが瞬く間に建設されています。

そんなある日。。。。リビングでテレビを見ていたら、寝室で何やら物音が、、。

ガリガリっと音がしました。

なんだろうと覗いてみると。。

窓ガラスが割れていました。

ちなみにここは17階。階下にはコンビニやカフェがあり、人通りも多いです。

こんな時にどのマンションでも頼りになるようで全く意味の無いような「物業」

物業とは・・・アパートやマンションにあり、大家の代行として各部屋のマネジメントをしたり、建物全体の安全管理や、修繕メンテナンス、電気やガスなどのライフラインの管理、清掃、警備など日本のマンション管理会社より幅広いサービス(服務)を行っている。

利便性より安全性を重視するあまり、住民にも不便極まりない管理ですが、この物業管理会社がなくなると、マンションの品質はあっという間に落ち込むでしょう。ここでは。

さて、この物業さん。ガラスを見るやいない、明天(明日ね。)と言って帰ってしまいました。

おいおい。何にもしないのかい。

ところが翌日階下に降りてみると、しっかり立ち入り禁止区域ができており、ガラス屋さんが手配されていてあっという間に直ってしまいました。

何事もなく良かったのですが、マンションの強化ガラスが割れてしまうとは建物の建て付けの問題なのか、ガラスの品質の問題なのか、日本でもなかなか経験ができない事で、これもチャイナリスクか?と思いました。

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。 中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索