Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. 北京の生活 大気汚染に関する講習会 マスクいろいろ!

北京の生活 大気汚染に関する講習会 マスクいろいろ!

みなさん、こんにちは。

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

3月13日に建国門の長富宮飯店(ニュー・オータニ)で開催された「大気汚染に関する講習会」

会場の外では日系及び外資系の病院よりマスクを配られていたので、ちょっとご案内。

株式会社セス様のFLUTECTマスク

なんと四層構造でPFE(微粒子捕集効率)99%以上(0.1μm)だそうです。

0.1μmということはPM2.5よりさらに微粒子をカットするのかな。。 (PM2.5=2.5μm > 0.1μm)

肝心の着け心地はマスク自体が非常に柔らかくソフトな肌触りが心地よいです。

サイズも子供用から大人用まであり。耳ひももソフトさがいですね。

日本人学校にも寄付されたそうです。

ノーズフィッタ―とプリーツで鼻上からあごまでしっかり覆われますが、どうしても隙間が出来てしまいます。

その隙間からPM2.5は入り込んでくるでしょうが、ある程度の効果はあると感じます。 とにかくソフトさが最高です。

北京二一世紀病院さんがお配りしていたマスク

3MのN95マスク 9132

1枚づつ小分けの袋に入っていて衛生的。

袋を明けた時にバニラの様な香りがしました。(なんで?)

ノーズもフィット、あごもフィットし、皮膚に当たる部分はソフトです。

流石にN95は隙間がほとんどないので、長時間の着用は少し息苦しい感じがします。

尚、マスクとは関係ありませんが北京二一世紀病院では呼吸器の健康チェックなどの健康診断をされているそうです。

ユナイテッドファミリー病院さんがお配りしていたマスク

3MのN95のマスク 8210

3Mのマスクの中でもかなり息苦しさはありますが、その分隙間なく装着でき直接的な外気をしっかり遮断している感じがします。

ユナイテッドファミリー病院さんの案内書にもありましたが、「大気汚染に対してとても効果的ですが、値段が高いのと、ファッション性にも劣るのが難点ですが・・。」とのこと。

同じくユナイテッドファミリー病院からのご案内書に記載されたいた「大気汚染にはマスクを」部分をご紹介します。

=======================
北京の大気汚染が深刻さを極めている中、駐在員の中には未だにマスクをしないで外出している人や、マスクをしないままスクールバスに乗り込む子供達を見かけることがよくあります。これは一体どうしたことでしょう?わたし達が置かれている状況は、シリアスなものでは無いということでしょうか?それとも、北京では子供用のマスクが手に入りにくいということでしょうか?

AQI(大気質指標)が300を超える日には、必ず大人も子供も予防が必要です。この数値は、アメリカの環境保護庁のシステムの中でもハイランキングに値するくらい、本当に深刻なのです。特に、心臓や肺の弱い人にとっては大気汚染は命取りで、大気質指標が高い時には心臓発作の発生率がぐっと増えるのです。もちろん、成長過程にある子供の肺に与えるダメージは押して知るべし、です。
=======================

各日系及び外資系の病院でもマスクの販売をされているそうです。

中国生活に慣れた方はTAOBAOなどの通販でも購入可能です。

日本でも3Mのマスクなども購入可能です。

どうそみなさんも自己防衛をしっかりされてください。

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 セミナー開催中。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事