あなたは何色派? 各社(車?)生き残りをかけてますが、私は断然黄色のofoです。 – 引越しの「トランジットアジア」

あなたは何色派? 各社(車?)生き残りをかけてますが、私は断然黄色のofoです。

上海の交通

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

みなさんご存知のレンタル自転車。

もう上海ではお馴染で、利用されている方も多いのではないかと思います。

健康を考え、先日から通勤はもっぱらレンタル自転車です。最初の数日はいつも使わない膝や腿の筋肉が、ガクガクするくらい&当然翌日は筋肉痛な日々でしたが、次第に慣れてきました。

体力作りにもいいですね。

上海ではオレンジ、ブルー、グリーン、イエローなレンタル自転車各社がしのぎを削っている激戦区。当然マーケットシェアを伸ばすこの時期は、差別化を図ったり、格安で囲い込みを行うので、消費者にとってはとってもラッキーな時期。

私が気に入っているのはイエローの「 ofo 」。

bicycle002

どこが良いところかって、

① 日本人でも簡単に登録が出来た。
② 家賃(敷金:デポジット)が一番安かった。
③ 初期タイプの自転車は、本体も軽く、ペダルが軽く爽快。

それでは、みなさんと実車体験しましょう。。。

 

① 最初に登録が必須。

(中国の携帯番号とスマホ、支付宝、備信 QQのいづれかは必要です)

bicycle015

 

携帯番号を入力し認証番号をSMSで受け取る。

SMSで受け取った番号を入力し携帯番号の登録終了。

仕付宝で99元のデポジットを支払う。

(解約時には返金されます。)

+ いくらかチャージしておく。

25元チャージしてみましたが、毎回免費(無料)となり、未だに25元がそのまま残っています。

つまり今のところずーっと無料。。(笑)

 

② 自転車を探そう

ofoの場合、どこに車両番号何番があるかまではアプリではわかりません。

この辺にあるよ~くらいな感じですが、イエローの自転車は目立つので、上海市内の街中なら割と簡単に見つかります。

bicycle012

 

 

 鍵を開けて乗ってみよう

サドル、鍵の部分、車輪とタイヤなどが壊れてないか一応確認してから、アプリの「立即用車」→車体番号を入力⇀確定

bicycle005

(車体番号はこれ。QRの読み込みも可能です。)

 

bicycle009

鍵の暗証番号が表示されるので、鍵番号を合わせロック解除。

さぁー乗ってみよう!

 

④ 目的地に着いたら鍵を掛けて、支払いをしよう

bicycle013

目的地に着いたら鍵をかけ、アプリで「結束行程」→次の画面で「確認支付」

(支付宝で支払いが完了します。)

 

⑤ どこを走ったか見てみよう。

bicycle014

過去に利用した際に走行したルート、時間、日付などが見れる。(ある意味恐ろしい、、GPS?)

 

⑥ 無料の日をチェックしよう

bicycle007

アプリ右上のプレゼントBOXのアイコンから、今月の土日無料などの案内が見れます。(登録しているとSMSでもちょこちょこ無料日の案内メッセージ来ます)

他社(車)と比較すると、アプリで詳しく自転車を探したり、予約をしたりといった機能はないので、若干サービスオプションが少ないのは否めませんが、ペダルが軽い!だけでも全然違うんです。(他の重いペダルを漕いで通勤したら、会社に着くころにはもうヘトヘトです。。。)

 

この ofo ですが、4月に入り新型車が導入されています。

ブログを読んで、ペダルが軽いって言ってたのにー!(怒)な方。

そう、あなたが選んだのは新型車です。

見た目は新型車の方がかっこよく見えるのですが、ペダル、重いです。。漕げません。ジム通いされているタフガイ向けです。。。。

bicycle008

こちらが新型車。

どこが違うって。。鍵が電子式になり、サドル前に籠がついてます。お陰で自転車本体も重くなり、ペダルも重くなったんですかね。。

bicycle003

大きさも幾分新型車が大きいような。。

bicycle004

(左:新型車  右:旧型)

鍵の部分は、大きく変わりました。

さぁ、暖かくなってきた上海!

健康の為にも、体力づくりしよう!

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。 中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索