上海の買物 中国にいるのなら知っておきたい景徳鎮の陶磁器(今スタイル) – 引越しの「トランジットアジア」

上海の買物 中国にいるのなら知っておきたい景徳鎮の陶磁器(今スタイル)

上海の文化, 上海の買物

みなさんこんにちは。

引越しの「トランジットアジア」奥村です。

いつもお世話になっているお客様より先日あるお仕事のご依頼をいただきました。

それは、景徳鎮市(ケイトクチン/jing dé zhèn)からの陶磁器の輸送。

恥ずかしながら、私はその時初めて耳にした単語で、電話越しでケケケケ?状態。

まずは景徳鎮をご存知でない方へ簡単にご紹介

江西省東北部に位置し、上海から飛行機で50分、車で12時間の中国最大の陶磁器の町として古くから発展。

歴史的・記念的価値が高く、現在も継続して使われている都市を保護する制度の

国家歴史文化名城に指定されています。

『景徳鎮=古典的な青花柄や色鮮やかな絵付けの高価な壺』というイメージが強いようですが、上海で見つけてしまったんです!!!

そんなイメージを覆す、モダンで!スタイリッシュで!日用使いできる景徳鎮の陶器たちを。

Spin ‐旋‐

静安区康定路360号(陕西北路との交差点)

ショップに入る時、入れ違いで5人の欧米人のお客さんが出てこられましたが、

全員両手にSpinの紙袋。

欧米人に人気のお店とは聞いていましたが、早速目の当たりに。。


≪1F≫

≪2F≫

ショップ内は、とても広々としていて商品の見せ方も、お店というより美術館のような心地のいい感覚。

 

壁には、パネルで作家さんたちのが紹介されています。若い方が多くてびっくり。

何といっても有名な景徳鎮の陶器。お値段もなかなかな金額なんだろうなと思っていましたが、まさかこちらは一つRMB100前後の花器。

 

2016年クリスマス限定オーナメントセットRMB200。こちらももちろん贅沢に陶器です。

 

購入するか迷いに迷った。おしょう油さし?RMB150。

そして商品の全てにSpinのネーム入り。

プレゼント用と言えば、無料で箱にリボンまでかけてくれる素敵さ。

結局、店内で1時間ほどウロウロ。

わちゃわちゃとした上海の日常を忘れさせてくれる素敵な空間でした。


最後に・・・
ホッとなる表情豊かなスマイルVASE♥

 

The following two tabs change content below.
奥村 庸子
現場大好き!人と関わること大好き!サービス業大好き! プライベートでは極度の人見知りの私ですが、なぜかお客さんの前ではスイッチが切り替わるんです。 日本ではブライダル業界で8年、ホスピタリティ・マインドを身につけ、気がつけば上海。モノを運ぶ引越し業だって、お客さまと接するサービス業の一部!!今、現場&セールス担当のため、弱点は長時間のデスクワークと数字が苦手。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索