Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. 北京のトランジットアジア チャリティー基金で7,030.53元も集まりました。

北京のトランジットアジア チャリティー基金で7,030.53元も集まりました。

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

今年の9月に開催された「北京日本人会日中交流チャリティ秋まつり」。弊社のブースでは輪投げコーナー、工作コーナー、そしてチャリティー品の販売と、大変多くの方のご参加ご購入頂き、ありがとうございました。

また、とってもまれにですが開催してます(ネット上で)、弊社のガレージセールでの家具などをご購入頂いた方にもお礼申し上げます。

弊社のチャリティープロジェクトにご理解いただき、ありがとうございます。

お陰様でたくさんのチャリティー基金を集めることができましたので、全額「中国婦女発展基金」へ寄付させて頂きました。

中国でビジネスをさせて頂くトランジットアジアとして、少しでも中国社会に貢献できたことを嬉しく思います。

寄付総額:7,030.53 元 になりました。

【弊社が寄付させて頂いた基金先】
*中国婦女発展基金* (内容はホームページより抜粋簡易訳)

2000年、中国西部の婦女生活状況の調査を行った結果、西部農村部の婦女生活の発展を妨げる重要な問題の一つが困難な飲用水確保でした。家庭用の飲用水確保を目指し、中国婦女発展基金では、「母親水セラー」プロジェクトを実施。

15050012

2010年末、プロジェクト実施10年が経過し、西部170万人の飲用水確保と貧困援助や婦女発展に大きな役割を果たしました。

また、プロジェクトは22の省・市・区の学校428校へ4740万元を投入し安全な飲用水、衛生設備、浄水設備の改善を行い、受益者は26万人以上となりました。

2013年からは四川省涼山電波県の飲用水状況の改善の為、150万元を投入し、12の学校へ安全飲用水の供給を果たしました。さらに四川省では近隣へも波及しています。

毎日飲用水を桶に汲み、背中に背負い山を登ったり、冬になると雪を溶かし飲用水を確保しなくてはならない村人の方の生活改善も進めています。

15080018

2014年末には西部を中心とした25の省・市・区に139個の貯水タンクを設置し、一般家庭への水道管と水道水の普及を1670箇所で行い、その受益者は250万人に達しています。

プロジェクトは時代とともに変化し、現在では水道水の普及、家庭の美化、衛生、など一体的かつ総合的な発展基金として、大きな役割を果たしています。

【詳しくは、こちらまで】
http://www.mothercellar.cn/

今後もトランジットアジアはチャリティープロジェクトを継続したいと思います。

ご帰国時の不用品など、弊社のチャリティープロジェクトにご協力頂けますようお願いいたします。

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 セミナー開催中。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事