上海の食事 上海の昔の工場風レストラン9車間(四川料理) – 引越しの「トランジットアジア」

上海の食事 上海の昔の工場風レストラン9車間(四川料理)

上海の生活, 上海の食事

秋になって上海蟹も出てきましたね。

引越しの「トランジットアジア」北村です。

日本から出張者がこられたりで中国的な少し変わったお店で食事したいという事もあるかと思いますが、そういったときに使用できる四川料理レストランをご紹介してみます。

四川料理ですが、見た目ほど辛くない料理が多いです。

中に入ると、工場の雰囲気

その中の工場食堂という設定?

少し前の中国の雰囲気ですね。

今回は、

秘制木桶豆腐花

拇指包(小さい焼きまんじゅうです)

蒜泥白肉

広東菜心

水煮魚

いずれも、辛そうではありますが一般の四川料理の店と比べてかなりマイルドな仕上がりになっております。

食べなれた人には、物足りないかとも思いますが、辛いのが苦手で四川料理を食べたいという方や日本からのご出張者の方にはちょうどいい味かと思います。

舞台もあり、催しがある場合もある様です。

レストランの場所ですが、八万人体育場の周りになります

八万人体育場零凌路7号門到左曲がる。という住所になってますが、4号線上海体育場の駅から体育場方面出口にでて一番近い入口から体育場に向かったあたりにあります。
TEL021-6426-6767

The following two tabs change content below.
北村 良平
1992年に中国に最初に中国上海入り、その後、現在と全く異なる業種での仕事で、日本に戻ったりしながらも、結局中国に戻ってきてしまい、中国滞在のべ20年程度(良くわからなくなってます)。中国生活でお困りの事があればなんでもご相談ください。  太い体に軽いフットワークで(本人が思ってるだけ?)日々頑張っております。 また、100kgを超えた所から現在ダイエット実施中、サボって逆に増えてしまったりもしながらこちらも頑張っております
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索