上海から行ける観光地「嵊泗」=後編= – 引越しの「トランジットアジア」

上海から行ける観光地「嵊泗」=後編=

上海の子連れ

引越しの「トランジットアジア」能勢です。

今日は、前回国慶節を使用して行った観光地「浙江省の嵊泗(シェンスー)」に到着までの内容を投稿しましたが、今日はその内容の続き。

ホテル、観光地、食事などを紹介します。

まずはホテルから。。。

とは言っても、ここは小さな島。

ホテルというよりかは、民宿が多く、殆どの方が民宿に泊まります。

因みにホテルは島で2か所あるのですが、1つは古く汚い、もう1つは綺麗だけど高額だとか。。。

そんな’数ある民宿の中でお勧めの場所がこちら↓

「嵊泗海湾森林民宿」という名前の民宿です。

少し西洋っぽい外観で、なかなかいい感じじゃないですか?

1部屋1泊約300~400元程度(時期によって値段が変わります)

近辺にもたくさん民宿があるのですが、外観を比較してもここが一番綺麗でした。

ただ、山の上の方にあるので、移動は大変ですが。。。

だけど、その分景色は良いですよ!

その景色がこちら↓

向かって正面は海!小さな船がたくさんありますが、全部漁船です。

そして、2枚目に移ってる建物ですが、殆どが民宿です。

こんなに観光客いるんでしょうか???

ただ、1つ1つがそれほど大きくはなく、1つの民宿当たり平均10部屋くらいしかないので、これくらいあって丁度いのかもしれませんね。。。

観光地といってもさほど多くはなく、ビーチと漁船での魚捕りが有名みたいです。

まずは、一番有名なビーチを。。。

この日は天気も良く暑かったので、海水浴を楽しん出る人もたくさんいました。

海の家もありました。

こちらの海水浴場、名前は「基湖海滩(ジーフーハイタン)」といいます。

入場料が必要で、時期によって値段が違います。

今回、国慶節中は一番高く、大人1人60元かかります。

子供は90㎝以下なら無料、それ以上は20元位?取られます。(値段忘れました)

また、ビーチにあるテーブルや椅子も、1テーブル100元取られます。(なかなかいい商売やってます。。。)

そしてもう1つ有名なのが、漁船に乗っての魚捕り。

こちらが民宿から見た漁船が停泊している海岸

このように救命具を着けて出かけます。

ですが、この日は風も強く、待ってる間に雨が降ってきたので断念しました。。。

でも、船もだいぶ使い込んだ感じもあり、乗るのにちょっと勇気がいる感じでした。

そして料理ですが、もちろん有名なのが海鮮料理。

どこに行っても海鮮料理しか見当たりません。。。

何点か料理の写真を

魚介類はもちろん、その他カニやエビ、イカ料理などもたくさんあります。

こちらが人気の海鮮面。カニ、エビ、貝などがたくさん入ってます。

海鮮のダシもよく出てて美味しいですよ!

実はこちらの料理はすべて宿泊した民宿の料理で、味もすごくいいんです!

なので、どこかに行かなくても民宿だけで十分料理も楽しめます。

また、メニューは無く、準備してある素材を選び、どのように料理するか言えば、そのように作ってくれます。

また、朝、夕飯何を食べたいか言っておけば、その素材も準備してくれます。

民宿の良いところの1つです。(ホテルではこのようなサービスは無いそうです)

そして、民宿の良いところのもう1つは、観光地への車の手配(タクシー)や漁船の手配、帰りの船のチケット手配など、お願いすれば全部やってくれるのでとても便利!

そこが民宿人気の1つなのかもしれません。

上海から船で行けちゃう小さな孤島。

機会があったら是非観光してみては!

The following two tabs change content below.
能勢 淳
初めてお会いした方からにはよくどこの国の方ですか?とか、いきなり中国語で話しかけられることがよくありますが、こう見えても東京生まれの中国語が得意な日本人です。主に引越し現場の作業スーパーバイズを担当していますが、何でもこなせる引越しマンになる為、日々頑張ってます!現場でお会いした際、ご相談、ご要望ありましたら、お気軽に声をかけてください!日本語で。。。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索