Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の交通
  4. 帰国決定、中国で購入の電気自転車、自転車はどうする???

帰国決定、中国で購入の電気自転車、自転車はどうする???

こんにちは。

もう2015年も後少しになりましたね。

みなさん、お正月の準備進んでおりますでしょうか?

さて、奥村の投稿でもありましたが、こちらで電動自転車、自転車を購入されていらっしゃる方結構いらっしゃいますね。

電動自転車なんて、免許もいらず、登録もいらない?(いやいや身近なところで捕まって方がいらっしゃいましたね)で便利なんですが、日本に持ちこんで問題無いんでしょうか?

また、自転車、おそらく日本の物よりキコキコ言っていると思いますが、日本でも安全に走れる?

電動自転車ですが、実は中国でも

最高時速が20km以下、モーターが250w以下の物、自転車として(つまりペダルこきこきして)7km以上走れる等の規定があり、これらを超えてしまうと実は免許必要です。といっても、このあたりの規格は実にいい加減で、現在ペダルのついていない物もありそうです。

日本では、やはり、電動アシスト自転車ではない、普通に動く電動フル自転車は免許及び、車検が必要です。(管轄の官庁の許可が必要で、ナンバープレート、原付免許が必要)

そのまま走ると、無保険運行、無免許運転、整備不良違反等等の違反となりますのでご注意。

また、自転車ですが私、実は以前自転車メーカーに勤めておりまして、中国での自転車の製造に携わっておりました。

で、各メーカーさんの状態も知っているのですが、正直日本への輸出、中国国内の物とは、生産ラインが全く違います。日本に輸出するのに不適合なパーツがかなり使用されています(ペダル折れなんかは、上海では結構頻繁に起きますが、日本でペダルが折れた際にはリコールで大変なことになります)

こちらでも、ジャイアントや、OYAMAとか、日本メーカーの物も出ており比較的安全なものもありますが、結局パーツは日本仕様とは異なります。

もし、不安なようでしたら、自転車のパーツも拝見させて頂きます。

日本の自転車店で点検、パーツ交換も可能ですが、パーツ交換で一台買えるかも?という自転車もたくさんありそうです。

ご帰国が決まりましたら、トランジットアジアへご連絡頂き、自転車の点検も併せてご連絡頂くと幸いです。

(自転車に不安のある方は、北村をご指名下さい)

The following two tabs change content below.
北村 良平
1992年に中国に最初に中国上海入り、その後、現在と全く異なる業種での仕事で、日本に戻ったりしながらも、結局中国に戻ってきてしまい、中国滞在のべ20年程度(良くわからなくなってます)。中国生活でお困りの事があればなんでもご相談ください。  太い体に軽いフットワークで(本人が思ってるだけ?)日々頑張っております。 また、100kgを超えた所から現在ダイエット実施中、サボって逆に増えてしまったりもしながらこちらも頑張っております
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事