北京の食事 うなぎを食べよう!本日「土用の丑の日」ですよ! – 引越しの「トランジットアジア」

北京の食事 うなぎを食べよう!本日「土用の丑の日」ですよ!

北京のトランジットアジア

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

夏バテ解消に! 暑気払いに! 理由なんてなんでもいいから「うなぎが食べたい!」松雪です。

土用の丑の日ですもん。。。

日本でも「う・な・ぎ」食べてましたか?

東京なら「明神下」や「かぶと」、名古屋なら「あつた蓬莱軒」、大阪なら「本家柴藤」、博多なら「名代吉塚うなぎ屋」(↑写真)と名店も数知れず。

北京でも食べたい!と思ったらジャピオンで4店舗も見つけました。

地球人-亮馬橋外交公寓地下1F

一心屋 – 将台路(リド)

蔵善 – 好運街

大徳酒場 – 好運街

北京でも選べるのはうれしい限りです。  で、今回食べに行ったのは!!  一心屋さんです。

広告にあるとおり。  名古屋の「おっちゃん」がいました。  うなぎを焼いてました。

味はほんと美味しかった。

北京で食べる「うなぎ」はどうも口の中に入れてから臭みというか泥臭い?川臭い?みたいな魚が多いのですが、このお店は違った。

ちょっとびっくり。

それでもうなぎは中国産らしい。
えっこれほんとに中国産?と思ったくらい、、。
美味しい。

タレも控えめでうなぎの味がここちいい。

おっちゃん曰く、大連と台湾と北京で、もう8年うなぎ屋さんだそうです。(もと寿司屋の板前さん40年ですって。職人ですね。)

カウンターと奥の個室しかないので、早めの予約を!

場所はリド、高家園の八喜為横。
スーパー「ジンカロン」の横です。

さあ、今日はみんなで「うなぎ」を食べに行こう!

【残念なお知らせ 追記2015年7月】

一心屋さんのメガネのおっちゃんは(たぶん)諸事情により、別のお店に移ってしまったそうです。

 

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。 中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。
  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ブログ内検索