Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 北京のトランジットアジア
  4. 北京のペット 一時帰国中のペットホテル -3- 2015年版

北京のペット 一時帰国中のペットホテル -3- 2015年版

引越しの「トランジットアジア」松雪です。

北京から日本への一時帰国や海外旅行中にペットを預けたい。

前回、前々回の紹介に続き、今回もペットホテルに関するご案内 その③です。

新城国際の北側、朝外SOHO内あるペットセンター DOCTORS BECK & STONE(思威(北京)国際動物医院)。

http://www.doctorsbeckandstone.com

朝外SOHOのB座1Fです。ちょっと見つけにくのですが、B座にある「和ゆ美」というヘアサロンの横です。

国貿や日本人の多い新城国際からも近く、しかも英語対応なので便利です。

また、動物病院なので、狂犬病予防接種(欧州輸入ワクチン)も取扱いしています。

費用は獣医検査180元+ワクチン接種85元~170元(ワクチンの種類により)。

ペットホテルは90~130元/日 (大きさや必要なケアにより)

ペットホテル利用の10日前までに一度連れて行き、獣医による検査を済ませた後に予約を取ります。

s10515

なんと空気清浄機も完備されてました、、。

お話を聞いたドクターは中国人の方でしたが、わかりやすい英語でとても参考になりました。

(日本への帰国時の諸手続きは、この動物病院では実績があまりないようなので、ペットホテルと予防接種の利用には◎です。)

doctorsbeck002

また、いよいよ帰国!の時の「狂犬病抗体価検査」の代行サービスもしています。

日本の動物検疫所が指定しているドイツの検査機関へ、血清の輸送、検査結果の入手まで取扱い可能で費用は3,000~3,500元程度です。

【お店はこちら】
Doctors Beck & Stone
朝陽区朝外SOHO B座 1F
Tel: 400 103 8686
9:00 – 19:00

【その他のペットホテル】
① ICVS 新天地(望京エリア)  お勧め度 ★★★★☆
② イオンペット(麗都エリア陽光上東内)お勧め度 ★★★★☆
③ Doctors Beck & Stone (市内CBDエリア) お勧め度 ★★★☆☆

トランジットアジアでは、!!
「ペットの送迎サービス」
「動物病院への通訳同行」
「ペットホテルのご相談」
「帰国検疫手続き代行」
「入国検疫手続き代行」
など、中国でのペットの一緒の生活に関するご相談等を承っております。
http://transit-asia.com/service/pet/

ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

**2017年に、Doctors Beck & Stone は指定動物病院となり、狂犬病予防接種など帰国時に必要なワクチンの接種可能な病院となりました**

The following two tabs change content below.
松雪 信
豪州など各国5拠点の海外勤務を経て、2008年より北京駐在、2015年7月からは上海駐在。中国駐在10年越え、物流業界25年、これまでに手掛けた引越しは5500件以上。 整理収納アドバイザーとして、「モノもココロも片付くRe・Start 引越し」を提案。 セミナー開催中。 ペットオーナーだからわかる、中国入出国検疫手続きサポートをはじめ、在住者向けの情報発信の傍ら、たまにラジオMCも。。

関連記事