Blog

スタッフ自ら足で得た

中国生活情報ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上海の生活
  4. 上海で歯医者 三島歯科

上海で歯医者 三島歯科

引越しの「トランジットアジア」北村です。

先日、楽しく食事をしていると、口の中に異物感。まさかと思って口の中を確認すると

やはり、昔の虫歯の詰め物が取れていました。

子供の時に怖い体験をしたことがあり、ジェットコースターと同じくらい怖い歯医者(ジェットコースターでは、先日USJにて死ぬ目にあいました。ハリーポッターはよかったんですが)という事もあり、しばらく我慢していたのですが、いろんな物が詰まるのでこのままではもっと悲惨な事になると思い、思い切って歯医者に行く決心をしました。

以前、日系のある歯医者さんで痛い目にあった事もあり、検索に検索を重ね。(いろんなブログ拝見させていただきました。ありがとうございました)

一番やさしそうで、痛くなさそうな古北の万科広場の三島歯科さんに決めました。

電話で、連絡して予約。3223-1688

やさしく、日本語で対応いただき、一安心、また予約も結構詰まっているようで人気がありそうで、一安心?

で、当日

三島歯科の入っているビル

ビルの下に到着、やっぱり怖い。

三島歯科入口

高級そうな入口、もしや出て来れないかも?

三島歯科受付

中に入ると、やさしく対応してもらうも不安(問診票に痛くしないでね。って感じで記入)

いざ診察室へ。

診察室は、怒らせると痛くされるかもしれないので、写真撮りたいとは言えず

でも、ゆっくりゆっくり削ってもらい、無事本日分は終了

あんなに緊張して怖かったのがウソみたいで、痛くなく終了

三島歯科さんでは、麻酔の際にも麻酔の前の麻酔(なんか塗る?)もあり

また、麻酔薬も体温と同じにしてできる限り痛くなりように考慮されているとのこと。

一回行っただけでなんですが、日本で行った歯医者さんより良かったかも。

料金は、保険がきかないので若干高めですが、おそらく保険なしでの日本で見てもらったのとあまり変わらない感じ?かと思います。(初診料は100元でしたが)

また、歯科矯正も月に一回専門医が日本から来られるようで、歯科矯正の相談も可能とのことでした。

歯医者が怖い上海のみなさん、ここはおすすめです。

でも、やっぱり歯医者は行きたくないですね。歯はしっかり磨きましょう。

上海三島口腔問診部
上海市水城南路37号 503号室(上海古北万科広場です)
3223-1688

The following two tabs change content below.
北村 良平
1992年に中国に最初に中国上海入り、その後、現在と全く異なる業種での仕事で、日本に戻ったりしながらも、結局中国に戻ってきてしまい、中国滞在のべ20年程度(良くわからなくなってます)。中国生活でお困りの事があればなんでもご相談ください。  太い体に軽いフットワークで(本人が思ってるだけ?)日々頑張っております。 また、100kgを超えた所から現在ダイエット実施中、サボって逆に増えてしまったりもしながらこちらも頑張っております
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事